解析結果

PYUAN デアリン シャンプー

広告を含みます。

総合点

1.25

総合ランク

2983個中 2388

成分数

23

植物エキスの数

3

コスパ

0

安全性

0

素材の品質

0

洗浄剤の品質

0

洗浄力

0

髪補修力

0

育毛力

0

使用感の良さ

0

エイジングケア

0

ホワイトニング効果

0

保湿効果

0

スキンケア力

<0

環境配慮

0

浸透力

0

即効性

0

持続性

0

ツヤ感

0

サラサラ感

0

特に優れた素材

0

注意が必要な素材

0
PYUAN デアリン シャンプー解析チャート シルクドリバー公式オンラインショップ
販売元による宣伝文
洗うのに大事なものでできたピュア泡クレンズ。
シリコーンフリー処方・パール剤フリー・着色料フリー。
サッと泡立つふわふわの泡で、地肌の汚れやベタつきをやさしくしっかりオフ。
地肌と髪と同じ弱酸性。きしまない洗い上がり。
少し大胆になりたいあなたに、「DARING(デアリン)」ローズ&ガーネットの香り
PYUAN デアリン シャンプー解析チャート
広告を含みます。

PYUAN デアリン シャンプーの解説

安っぽいシャンプー

値段が安い以上に中身も安っぽい

基本的にラウレス硫酸シャンプーで品質を向上させるような要素も少なく、典型的な安い市販のシャンプーそのままのイメージと思っていいでしょう。

ラウリルヒドロキシスルタインの配合により、多少泡質や使用感に上質さを感じられる可能性はありますが、あくまでも演出以上のものではなく、髪質が強化されたり、頭皮に良い影響が残ったりといったメリットが多いシャンプーではありません。

シリコンフリーだがシリコンの代わりは配合

PPG-3カプリリルエーテルというシリコンの代替成分が配合されていて、これも演出的な要素として仕上がりに多少の潤滑性を残すでしょう。ただしこれも、髪質自体が強化されるというよりは一時的な検出と思った方が近いものです。

クレンジングシャンプーだと思って使えば良い

商品説明に「ピュア泡クレンズ」と謳っているように、これはクレンジングシャンプーなのだという理解で使うのであれば良いでしょう。食器用洗剤ではありませんが、がっちりと洗い流すクレンジングシャンプーとして、整髪料や汚れ、皮脂など落としたい対象が多い場合には役に立つタイプです。

逆に考えれば、ダメージヘアーやカラー毛などにはまったく向いてなく、肌の弱い人にとっても負担の多いジャンプといえます。マイルドなシャンプーを求めている場合は全くの対象外だと認識する必要があるでしょう。

良く言えばクレンジングシャンプー、普通に見ればコストが安い、中身も安っぽい質素なシャンプーというのが印象です。