LIPPS L08シャンプー


[製造販売元] リップス

[商品ID] 2759


総合順位
92位

総合評価 5点満点
3.46

        

洗浄力

18%

素材
88%
安全性
72%
コスパ 
60%
環境 
110%
補修力
64%
ツヤ 
66%
感触 
80%
育毛
104%
洗浄剤
50%

成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
364920

[参考価格] 390ml 4104円
[1mlあたり] 約10.52

LIPPS L08シャンプー の解析

[PR]
極めてマイルドなアミノ酸系シャンプーといえます。



ノーベル賞成分ヒトオリゴペプチド-1も配合していますが、それよりも洗浄剤の低刺激っぷりが目立つ内容に。


しっとりしたタッチ、仕上がりはわずかにさらっとしますが、基本的にベビーシャンプー系のマイルドな使用感に近いでしょう。


エキス類は凡庸ですが、ペリセア、リピジュアの配合がマイルド加減に拍車をかけています。



優しく洗うという点では吉。


ただし、さっぱり感とは程遠く、洗った感じをしっかり実感したい方には不向き。


また、マイルドという以上のメリットはさほど有益とはいえず、値段のわりには物足りなさも感じる構成。


LIPPS L08シャンプー の全成分

1

2ラウリルグルコシド

3グリセリン

4ココイルグルタミン酸2Na

5コカミドDEA

6ラウロイルアスパラギン酸Na

7セテアレス-60ミリスチルグリコール

別名ポリオキシエチレンセトステアリルヒドロキシミリスチレンエーテル。ゲル化・増粘作用を製品に与え、泡立ちを増したり、粘度を高めたりする素材です。

8ラウラミドプロピルベタイン

9ココイルグルタミン酸Na

10PCAイソステアリン酸グリセレス-25

・PCAイソステアリン酸グリセレス-25は乳化力の優れたアミノ酸系非イオン界面活性剤。可溶化剤、親水性乳化剤として。

11オレンジ油

・油を分解する効果が高いオレンジ油配合。 香りも特徴ですが、脱脂力がややプラスされる点も考慮しましょう。

12ベタイン

13クエン酸

14ポリクオタニウム-10

15BG

16ヒトオリゴペプチド-1

旧表示名称ヒトオリゴペプチド-1、別名EGF。上皮細胞成長因子のことで、大腸菌か酵母によって産生させた遺伝子組換ヒトペプチド。53個のアミノ酸の短鎖構造をなす。アメリカの生物学者スタンレー・コーエン博士はこの成分の発見によりノーベル生理学医学賞を受賞。皮膚細胞産生の促進作用がある。元々人体が分泌しているものだが、年齢とともに分泌量が衰える。

17ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

18ポリクオタニウム-51

2-メタクロイルオキシエチルホスホリルコリンとメタクリル酸ブチルとの重合体で、通称リピジュアです。

19アルニカ花エキス

20

21ゴボウ根エキス

22シソ葉エキス

23セイヨウアカマツ球果エキス

24セイヨウキズタ葉/茎エキス

25ニンニクエキス

26ローズマリー葉エキス

抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。ローズマリーは天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。

27ローマカミツレ花エキス

28ダイズ油

29レシチン

30白金

31クエン酸Na

32エタノール

33カラメル

34香料

35エチルヘキシルグリセリン

36フェノキシエタノール

 

メーカーの紹介文

傷み、パサつき、地肌トラブル、さまざまなヘアトラブルに悩む現代人へ。
美容室リップスのオリジナルシャンプーです。
髪や頭皮にとって良い成分を厳選使用し髪と頭皮にやさしいノンシリコン、乾燥やダメージで傷ついた髪の毛先まで、艶やかななめらかさを与えます。
サロンのプロが自信を持っておすすめするシャンプーです。

LIPPS L08シャンプー の関連商品

     

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム解析ストアなどを運営。