シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
CHESS(チェス)ケミコサイド シャンプー
(モルトベーネ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

CHESS(チェス)ケミコサイド シャンプー

モルトベーネ


CHESS(チェス)ケミコサイド シャンプー のオススメレベル

CHESS(チェス)ケミコサイド シャンプー の解析結果

かなり強めな脱脂力を、香りで誤魔化している風なシャンプーです。


高額な部類の値付けをしているシャンプーとしては如何にも物足りない貧相な内容。

基本的にはラウレス硫酸Na、ラウレス-6カルボン酸Na(酸性石けん)、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naといったさっぱり高洗浄系の造りが特徴で、
悪く言えば安っぽい、肌や髪には負担の大きい洗浄剤選びといえるでしょう。
エキス類はやや凝っている形跡が見て取れます。レベルとしては悪くありません。

アミノ酸各種は保湿や手触り感の改善。
その他も感触改善成分が多く占め、

総合すると、パッとしない内容のシャンプーをエキスと感触改良で背伸びさせたシャンプー。

だが、いくら感触がよかったり香りが気に入ったとしても、肌や髪にとってはデメリットの方が多い一品と言わざるを得ません。


[PR]

CHESS(チェス)ケミコサイド シャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、コカミドDEA、グリセリン、ラウレスー6カルボン酸Na、DPG、ココイルグルタミン酸TEA、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、イソステアラミドプロピルベタイン、ニュウコウジュ油、イランイラン花油、アトラスシーダー樹皮油、ローズマリー油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、ティーツリー葉油、オレンジ油、セイヨウニワトコ花エキス、ヨーロッパアキノキリンソウエキス、セージ葉エキス、ノバラエキス、ビルベリー葉エキス、オリーブ葉エキス、PCA-Na、乳酸Na、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トリオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、ジヒドロキシプロピルアルギニンHCl、ポルクオタニウムー10、PPG-3カブリリルエーテル、PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、エタノール、EDTA−2Na、EDTA-3Na、エチドロン酸4Na、硫酸Na、硝酸Mg、塩化Mg、塩化Na、クエン酸、リン酸、酢酸、水酸化Na、フェノキシエタノール、安息香酸Na、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ラウレス-6酢酸Naは酸性石けんと呼ばれる弱酸性でも泡立ち、洗浄できるタイプの洗浄剤。非常に肌にマイルドで、かつ洗浄力、泡立ちに優れるさっぱりタイプのアニオン界面活性剤。
ココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ニュウコウジュ油はフランキンセンスの木から採れる精油で、濃厚なウッディー&スパイシーな香りに僅かにシトラスが香る乳白色の樹脂オイル。去痰、抗シワ、皮脂コントロール効果などを付与。
イランイラン花油は濃厚で甘さの強い香りが特徴。リラックス効果、官能的な気分を高める効果など心理的な作用の優れるオイルです。
アトラスシーダー樹皮油は皮脂コントロール機能や抗菌作用があり、肌を健やかに保つ効能があります。サンダルウッドのようなウッディーな香りが特徴。
ローズマリー油はシソ科・清涼感のあるすっきりした香りが特徴。集中力や記憶力を高める効果があるとされ、気持ちをはっきりさせたい時に使われる精油です。
ラベンダー油はシソ科の精油で、タンニン、リナロール、リモネンで構成されています。ハッカに似た芳香性を持ち、鎮痛・精神安定・殺菌効果を持つ。
ニオイテンジクアオイ油はゼラニウムとして知られ、ミントを含んだようなバラの香りが特徴。
精神高揚作用や皮脂コントロール機能を持ち、すべての肌のタイプに良い影響を与えると言われています。
ティーツリー葉油はオーストラリア原住民の間で消毒剤として使われていた殺菌作用を持つ精油で、肌を清潔に保ち、すっきりとした芳香性を持つ。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。
セイヨウニワトコ花エキスは抗炎症、抗酸化、細胞活性化作用。
セージ葉エキスは抗酸化作用、ヒアルロン酸産生促進作用、メラニン抑制作用、収斂作用を付与。
ビルベリー果実エキスはアントシアニンをリッチに含有する優れた抗酸化作用、抗炎症、血管保護作用などを発揮。
オリーブ葉エキスはオレウロペインを含有したエキスで、皮膚の老化を防ぎ、肌荒れを改善する効果。
アミノ酸各種が毛髪、皮膚に対して親和性を持つ保湿作用を与え、しなやかな感触に。

    CHESS(チェス)ケミコサイド シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.6

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:

  • 容量/260ml
  • 価格/2808円
  • 1mlあたり/10.8円

CHESS(チェス)ケミコサイド シャンプー の宣伝文,商品説明:

化学的な補修力と6種類のオーガニック認定ケア成分の保湿力によって、
なめらかでツヤのある髪へと導きます。オーガニック精油のみを使用した香りは、
フランキンセンスを中心に、イランイラン、シダーウッド、
ローズマリー等をブレンドしています。

[PR]
CHESS(チェス)ケミコサイド シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム