バルクオム ザ シャンプー BULK HOMME THE SHAMPOO

総合順位

116

総合得点 5点満点

3.66
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
313420
  • バルクオム ザ シャンプー BULK HOMME THE SHAMPOOの詳細情報
  • 株式会社バルクオムの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 7052
  • [容量] 200ml
  • [参考価格] 3000円
  • [1mlあたり] 約 15円
バルクオム ザ シャンプー BULK HOMME THE SHAMPOO解析チャート

バルクオム ザ シャンプー BULK HOMME THE SHAMPOOの解説

バルクオムは男性向けのマイルド系シャンプー

バルクオムは洗浄力が控えめな潤い系シャンプー



全体的な印象としては大人しい系のしっとり系タイプのシャンプーと言えるでしょう。

さっぱりというよりは潤いを感じやすく、適度なコンディショニング作用があり、かつそれが蓄積しにくいという質の良さがあります。

洗浄力はまずまず適度にアミノ酸系としてはある方と言えますが、使用感に関してはベビーシャンプーとまではいかないものの、かなり低刺激な印象を持つはずです。





バルクオムの脇役成分は良い



とても潤滑性の 高い仕上がりを見せるジヒドロキシプロピルアルギニンHCI、 ジヒドロキシメチルシリルプロポキシヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン、 ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムなど脇役のクオリティが高いことが仕上がりに好影響を与えていると言えるでしょう。

植物エキスのチョイスを見てもこだわりが感じられ、リンゴ果実培養細胞エキスをはじめとしたエイジングケア系の効果が添加されています。



バルクオムの洗浄剤は



洗浄剤に関してはアミノ酸系のラウロイルメチルアラニンナトリウムがベースで、 その他の添加洗浄剤を含めて考えても低刺激で泡立ちがそこそこ良い、洗浄力も中程度でコンディショニング作用を伴うといった特徴があります。



総合力で勝負のバルクオムシリーズ



全体的に素材としては中の上のものをチョイスされていて総合力が高いシャンプーといえそうですね。どれか一つ飛び抜けた個性があるということはないのですが、平均点の高さが特徴と言えるでしょう。

ただし、男性向けということを考えると、このうるおい館であるとかコンディショニング作用が好みに合うかどうかという問題はあります。

いわゆる石鹸などとは正反対な使用感であり、 人によっては荒い足りないような感覚を覚える可能性もあります。しっとり感よりさっぱり感を重視する場合はこのシャンプーが適しているとは言えません。

また、より皮脂が多い場合や汚れの多い状況で洗浄力が十分に足りているかという問題もあるかと思います。このシャンプーは比較的禅定力が控えめでむしろ保湿効果を残していくような特徴があるため、好みの分かれるところであろうと思います。



シャンプー単体としてみた場合はバランスはよく肌にやさしくダメージヘアにもある程度対応できるという点から悪くない一品です。



フェノキシエタノール バルクオム ザ シャンプー BULK HOMME THE SHAMPOO
フェノキシエタノール 防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。


リンゴ果実培養細胞エキス バルクオム ザ シャンプー BULK HOMME THE SHAMPOO
リンゴ果実培養細胞エキス ・リンゴ果実培養細胞エキスは肌の「幹細胞」の寿命を延ばし、また新しい細胞の生成を促進する効果が認証されているアンチエイジング成分。


ジヒドロキシプロピルアルギニンHCl バルクオム ザ シャンプー BULK HOMME THE SHAMPOO
ジヒドロキシプロピルアルギニンHCl アルギニンのグリセリン誘導体と呼ばれる成分で、アルギニンの高い吸着力を活かして毛髪や皮膚に保湿効果を与える。潤滑性も優れ、ダメージ部の補修効果が高い。


(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン バルクオム ザ シャンプー BULK HOMME THE SHAMPOO
(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン


エタノール バルクオム ザ シャンプー BULK HOMME THE SHAMPOO
エタノール 殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。


グリセリン バルクオム ザ シャンプー BULK HOMME THE SHAMPOO
グリセリン 肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。


ラウロイルメチルアラニンNa バルクオム ザ シャンプー BULK HOMME THE SHAMPOO
ラウロイルメチルアラニンNa アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。


BG バルクオム ザ シャンプー BULK HOMME THE SHAMPOO
BG 1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。


加水分解シルク バルクオム ザ シャンプー BULK HOMME THE SHAMPOO
加水分解シルク


ポリクオタニウム-10 バルクオム ザ シャンプー BULK HOMME THE SHAMPOO
ポリクオタニウム-10 塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。


グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド バルクオム ザ シャンプー BULK HOMME THE SHAMPOO
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド カチオン性の毛髪保護剤ですが、あまり効果が高くありません。


ユズ果実エキス バルクオム ザ シャンプー BULK HOMME THE SHAMPOO
ユズ果実エキス さわやかな芳香が特徴の柚子果実から得たエキスです。ゆず湯やお吸い物、ポン酢にも使われる素材ですが、化粧品ではホワイトニング作用、血行促進作用、温熱、創傷治癒などの効能があります。


チャ葉エキス バルクオム ザ シャンプー BULK HOMME THE SHAMPOO
チャ葉エキス チャ葉から抽出したエキスです。抗菌作用が優れ、タンニンの収れん作用、ビタミン類の抗酸化作用、アミノ酸の保湿作用など付与します。


ラウリルヒドロキシスルタイン バルクオム ザ シャンプー BULK HOMME THE SHAMPOO
ラウリルヒドロキシスルタイン ラウラミドプロピルベタインのような両性界面活性剤とほぼ同じような構造です。洗浄性とコンディショニング効果の両面を持つ成分で、皮膚・粘膜刺激が低く泡質の安定性や増粘作用を付与します。

バルクオムは低刺激・適度な洗浄性、コンディショニング効果



さっぱり系ではないが、慣れればシャンプーとしては良質なので試す価値あり。

販売元による宣伝文

品質や使用感を客観的に評価し、よりお客様満足度を高めるために、BULK HOMMEのヘアケアは研究開発段階で「ブラインドテスト」を実施。総合評価で1位を獲得した処方を製品化することで、理想のヘアケアに辿り着きました。
基礎研究を活かした医療機関様向けのOEM商品開発も多数手がけているサティス製薬の全面協力の元、成分の1つ1つや処方にこだわって設計しています。
5年半の構想を形にすべく、理想のプロダクトを求め幾度となく企画と試作を繰り返し辿り着いた品質。成分の一滴にまでこだわり抜き、スキンケアブランドだからできる新感覚のヘアケア製品を実現しました。
整髪料や毛穴に詰まった頑固な皮脂汚れなどの油性汚れをクレンジング成分配合の弾力泡でスッキリ落としながら、同時に保湿成分が頭皮と髪に吸着保湿し、乾燥などのダメージから守ります。高い洗浄力ながら、頭皮への負担を考慮し、頭皮と髪の両方をケアする、ノンシリコンのアミノ酸系シャンプーです。
バルクオム ザ シャンプー BULK HOMME THE SHAMPOOの解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。