Dplus(ディープラス) プラントオリジンオイルの解析結果 | シャンプー解析ドットコム 

Dplus(ディープラス) プラントオリジンオイルの解析結果

総合点1.84
2350個中1590位
品質2.4 %
成分数51
1mlあたり7.2円 %
安全性3.4 %
エキス類18
詳細情報
  • Dplus(ディープラス) プラントオリジンオイルの詳細情報
  • [発売日]
  • [JANコード]
  • [ランキング] 1590位 2350個中/
  • [ポイント(5点中)] 1.84点
  • [ジャンル] T
  • [容量] 150ml
  • [参考価格] 1078円
  • [1mlあたり] 約 7.19円
  • [商品ID] 8196
  • [ASIN]
  • [商品サイズ]
  • [商品重量] g
  • [成分数]51
  • [エキス類の数]18
  • [特に優れた成分の数]0
  • [要注意成分の数]0
販売元による宣伝文
厳選された36種類の植物の恵みを豊富に含んだスーッとのびやかでサラッとしたテクスチャーが特徴の髪・顔・身体に使えるオイルです。
更にシアバター、フラーレン、マルラオイルも配合しており、傷んだ髪のダメージ補修、毛髪やお肌のうるおい補給、保湿力を高めています。
髪に自然なツヤと潤いを与え、さらにお顔や全身の気になる部分の保湿ケアとしてお使い頂けます。
ダメージヘアのケア、スタイリングなど。
ツヤ出し、スタイリング剤として、傷んだ髪のダメージ補修や頭皮クレンジングなどに。

Dplus(ディープラス) プラントオリジンオイル解析チャート

Dplus(ディープラス) プラントオリジンオイルの解説

こちらのオイル、髪にも肌にも、頭皮クレンジングにも使える、という万能型とのことです。

実際、それらの用途で本当に使い物になるのか、早速検証していきましょう。

概要

基本的に植物オイルとエキスが多種多様に配合されている製品です。

これはむしろ、植物オイルじゃない部分を見ていったほうが内実が理解しやすいでしょう。

特徴をまとめると、

  • ベースはミネラルオイル。
  • 抗酸化成分フラーレン配合。
  • 光毒性がちょっと心配。

このような製品です。順を追って見ていきます。

どんな商品?詳しく解析

植物オイルが多種多様、と言いましたが、ベースで最も配合量が多いのはミネラルオイル。流動パラフィンとも呼ばれるこの成分は、油性の強いテカテカとした光沢を持つ鉱物油です。

植物オイル類に比べ強い光沢感と油性感が特徴ですので、わりとこの成分の存在感は大きくなるでしょう。

頭皮クレンジングにも使える、というのはこのミネラルオイルの浮かせ油としての機能を指しているものと思われます。

たしかに、ツヤだしもできるし、頭皮クレンジングもできそう。ただ、もったりして使用感はお世辞にも良いとは言えなそう。というのが印象ですね。

通常シリコーンオイルがベースにくるパターンが多いですが、植物オイルやミネラルオイル単体ではベタつきがどうしても気になるのが弱点。シリコーンはサラサラに仕上げてくれますが、この製品には無配合です。

この他はひたすら植物オイルとエキスが続く、という内容です。

この処方では、頭皮に塗ったままにしておく、という用途はないでしょうから、植物エキス類の薬効についてはあまり期待できません。髪に塗っても機能しませんからね。

精油類の香りは良さそうですが、植物オイルがもたらすメリットは感触の違い程度で、油分補給以上でも以下でもない、というイメージです。

浸透性、持続性、補修能力も低く、色々配合されているわりには油分補給しかできないな、というっ拍子抜け感はありますね。

デメリットは?

グレープフルーツ果皮油を筆頭に、少々光毒性が気になります。

肌に刺激を与える恐れのある光毒性、実は紫外線吸収剤であるメトキシケイヒ酸エチルヘキシルにも同じような懸念があります。

ということで、意外と安全ではない、極端に心配するほどではないものの、という感じ。

まとめ

植物由来でまとめよう、という意図があるのはわかりますが、ややバランスを欠いていて、使用感もヘアケア効果もいまいちという仕上がりです。

決して悪い素材が集まっているとは言いませんが、天然素材なら安心だろう、という一種の怠慢を感じる作り方。髪をどうにか良い状態にしてあげたいという心遣いは残念ながら感じられないのかなと思いました。

フラーレンのような優れた素材も、結局うまく活かせていないように見えますね。

結局の所、油分補給しか期待できないという製品です。

株式会社美粧AKARI Dplus(ディープラス) プラントオリジンオイルをAmazonアマゾンで購入
抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。
ローズマリー葉エキス
キク科アルニカの花から得たエキス。フラボノイド、カロチノイドなどの抗酸化成分や、タンニンの収れん作用、また抗炎症作用などを付与されます。
アルニカ花エキス
アピゲニン含有、ヒスタミンの遊離抑制により抗炎症作用を示す。
カミツレ花エキス
シソ科セージの葉抽出エキス。抗菌作用、血行促進作用、収れん作用などを与えます。
セージ葉エキス
紫根抽出エキスです。抗菌・新陳代謝促進、抗炎症作用などを付与します。
ムラサキ根エキス
とても根が深く伸びる杉菜のエキス。収斂・抗菌・抗炎症作用を付与します。
スギナエキス
セイヨウノコギリソウは全草が薬用部分で、その精油はアズレンを含み消炎作用があります。また、収れん作用、老化の原因である活性酸素を抑える抗酸化作用や殺菌、抗男性ホルモン作用を付与。
セイヨウノコギリソウエキス
アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。
アルガニアスピノサ核油
シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。
シア脂
バラ科モモの葉から得たエキス。成分としてタンニン、フェノール、アミノ酸、フラボノイド、ニトリル配糖体を含んでいます。保湿作用、抗炎症(抗アレルギー)作用、抗酸化(過酸化物抑制)作用、刺激緩和作用、抗菌作用がある。
モモ葉エキス
バラの中でも最も高額で貴重なダマスクローズのオイルです。バラの花が約300万個から1Kgしか抽出できないオイルで、深みのある高貴な香りが特徴。抗菌・抗アレルギー・抗酸化・鎮静作用などを付与します。
ダマスクバラ花油
・ツバキ種子油はカメリア種子油と呼ばれ、肌や髪にとてもなじみやすい保湿オイルとして使われます。
ツバキ種子油
抗菌作用、美白作用、育毛作用、抗炎症作用、角質細胞賦活作用
ユーカリ葉油
フラーレンは、多くの抗酸化成分のように自らが酸化されるタイプではなく、活性酸素を吸着させて酸化を防ぐ。
作用できる活性酸素の種類が多く、お肌の表面を10時間以上も活性酸素を掃除してくれる。また、紫外線吸収剤の多くのように紫外線により壊れてしまう(分解してしまう)こともなく、安定性と持続性が大変優れる。ビタミンCの172倍といわれる抗酸化力で、老化の原因となる活性酸素を無害化します。共有結合結晶であるダイヤモンドやグラファイトとは異なり、数十個の原子からなる構造を単位とする炭素の同素体である。物理的に極めて安定で、水や有機溶媒に溶けにくい性質を持つため、利用開発の難易度が高い。
フラーレン
皮膚細胞賦活作用、収斂、消炎効果の他、コラーゲンを増やす効果(線維芽細胞コラーゲンレセプターの量増加)があるといわれます。
セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス
天然防腐剤として使われることの多い成分ですが、実は光毒性があり、一般的な防腐剤よりもリスクの大きい素材です。
グレープフルーツ果皮油
シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。ただし、酸化により接触アレルギーを起こす可能性もある。
ラベンダー油
リノール酸が7割ほどを占めるオイルで、保湿性と抗酸化作用を持つ若返りのオイルともいわれている成分です。抗酸化作用のビタミンEを多く含み、肌なじみのよいオレイン酸も含まれます。
ヒマワリ種子油
イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。
ホホバ種子油
オレンジの果皮から得たオイルで、ビタミンA,B,C,Eやフラボノイドなどを含有し、美白作用、殺菌作用、整肌作用などを付与する。また、脱脂力も有するのでクレンジングの助剤として使われることも。原液でなければさほど心配いらないが、光毒性を僅かに持つためにその点は注意が必要。
オレンジ果皮油
1,8-シオネール含有のシソ科植物エキスです。血行促進や、芳香による頭脳のリフレッシュ効果などが期待されます。
ローズマリー葉油
ベルガモット果実油
地下資源(石油、石炭、天然ガスなど)由来の炭化水素化合物で、いわゆる鉱物油・流動パラフィンと呼ばれる種類です。ワセリンも同じ鉱物油です。肌へは全く浸透しないため、肌刺激はありません。また、分子間に隙間がほとんどない構造のため、強い光沢感を得ることもできます。また、クレンジングオイルの基剤に用いられることもあり、強い油性でメイクを馴染ませ落とすことも得意です。ヘアケアでは光沢の強い油膜コーティングを施す目的で配合されることがあります。
ミネラルオイル
キク科カミツレモドキ科植物の花から得たエキス。抗菌・消炎・血行促進作用などを付与。
ローマカミツレ花油
ビタミンC、リモネン、βカロテン、へスぺリジンなどを含む柚子の皮から採れた精油です。特にヘスペリジンの抗酸化作用や香りが特徴で、毛細血管拡張作用など美肌効果に優れた作用を持ちます。
ユズ果皮油
フユボダイジュエキス
アオイ科アオイ属ゼニアオイから得たエキス。高い抗炎症作用を持つ粘液質を含みます。
ゼニアオイ花エキス
プチグレン油とも呼ばれます。ミカン科ビターオレンジの葉枝から得たエキス。温和な抗菌作用や芳香が特徴です。
ビターオレンジ葉/枝油