ソープ オブ ヘア・M/1 の解析結果

総合順位

418

総合得点 5点満点

2.8
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
305810
洗浄力
3.4
素材 
2.4
安全性
4.1
コスパ 
2.4
環境 
3.7
補修力
2.6
潤滑性
1.6
頭皮改善 
2.9
ツヤ 
1.3
持続性
2.2
感触 
2.5
育毛
1.8
洗浄剤
3.7

ソープ オブ ヘア・M/1 の解説

ラウロイルメチルアラニンという非常にマイルドなアミノ酸系洗浄剤をベースに、ベタイン、そして少しの酸性石けんで洗浄力を調整。

豊富に含まれる補修成分(コムギ、ダイズ、リピジュア、アロエなど)が髪のコンディションも整える。

エムワンはハッカ、メントールといった清涼成分を比較的多く含んでいるため、爽快な洗い上がりを求める方には最適だ。



なおかつ、肌にはとてもマイルド。



天然洗浄成分サボンソウエキスをはじめ、頭皮をクリアに清潔に保つシャンプーで、

これからの季節にぴったり。



数量完全に限定なので、一夏の冷やし中華的なシャンプーである。



もちろん、いいシャンプーだ。

ソープ オブ ヘア・M/1 の全成分

1

2ラウロイルメチルアラニンNa

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

3コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

4グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

5ラウリルグリコールヒドロキシプロピルエーテル

・ラウリルグリコールヒドロキシプロピルエーテルは泡立ちが良好で低刺激性。

6コカミドメチルMEA

・コカミドメチルMEAは、一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。

7ラウレス-4カルボン酸Na

酸性石けんと呼ばれる洗浄剤・アニオン界面活性剤。石けんといっても分類的には陰イオン界面活性剤であるが、使用感が石けんに似ているさっぱり系。石けんと違い酸性側でも安定して洗浄効果、起泡性を得られる。そして、肌に低刺激。

8ラウロイルカラスムギアミノ酸Na

低刺激性のアミノ酸系界面活性剤。匂いが少なく、汚れや整髪料があっても泡立ちが衰えない。

9アロエベラ液汁-1

10加水分解ダイズタンパク

11加水分解コムギタンパク

12ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

13ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

14ポリクオタニウム-65

15ヒノキチオール

・ヒノキチオールは非常に高い抗菌活性を持つ成分で、配合量により肌刺激性の懸念が増す可能性を持つ殺菌剤です。

16センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

17イチョウエキス

ケルセチン、ケンフェロール、プロアントシアニジンが主成分で、血行促進・創傷治癒効果を付与。

18ヒキオコシエキス

19クマザサエキス

優れた抗菌作用が特徴です。

20サボンソウエキス

・サボンソウエキスはヨーロッパ原産なでしこ科サボンソウの根、葉から抽出されるエキスで、発泡性があり、汚れを落とす作用があるサポニンを含む。

21ユーカリエキス

22セイヨウハッカ油

23メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

24銅クロロフィリンNa

植物の葉緑素(クロロフィル)由来の水溶性色素です。きれいな青を着色するほか、優れた防臭作用を持ちます。

25クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

26BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

27エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

28フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

29安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

30メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

販売元による宣伝文

毛髪補修成分 大豆、小麦タンパク(ベジタブルプロテイン)がダメージ補修し、髪にハリとコシを与え、しなやかで弾力のあるコンディションに整えます。また、ペパーミントをはじめとする13種類のスッと爽快なハーブの力で地肌をやさしくケアし、健やかな頭皮環境へ整えます。ペパーミントのスッとする爽快な香りがバスルームに広がります。アミノ酸やヤシ油由来の洗浄成分からつくられた、さっぱりタイプのヘアソープです。数種類の天然由来洗浄成分を独自のバランスで配合することによる「やさしさの総合力」で、クリーミーな泡立ち・心地よい洗い上がりを実現しました。毛髪をやさしくいたわりながらさっぱり、すっきりと洗いあげるとともに、保湿成分リピジュアRが、毛髪表面をやさしく包み込み、うるおいをぎゅっと閉じ込め、補修・保護効果を持続させます。髪にも地肌にも刺激が少なく、地球にもやさしい高生分解性です。

ソープ オブ ヘア・M/1 の関連商品

ソープ オブ ヘア・M/1 を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。