ラサーナ 海藻 スムース ヘア ミルクの解析結果

総合順位

95

総合得点 5点満点

2.82
成分数エキス系特効ダメ
32310
  • ラサーナ 海藻 スムース ヘア ミルクの詳細情報
  • ヤマサキの関連商品
  • [JANコード] 4990742212020
  • [商品ID] 7006
  • [容量] 120ml
  • [参考価格] 1944円
  • [1mlあたり] 約 16.2円

ラサーナ 海藻 スムース ヘア ミルク解析チャート

ラサーナ 海藻 スムース ヘア ミルクの解説

感触は中程度のクオリティ。

エモリエント効果を中心に、使用感はわりと充実していて使いごたえのある内容です。サラッとするし、保湿感はたっぷりと付与されるでしょう。セラキュートやヒアロベール、バオバブオイル、シアバターといったコクのある素材が違いを見せているようです。



しかし、1つ懸念材料が存在していますね。

ステアルトリモニウムクロリド。4級カチオン界面活性剤の配合です。これはラウリル硫酸Naのような洗浄剤以上の毒性を持つ素材ですので、洗い流さない製品への配合はかなりリスク度合いが上がってしまいます。

配合量自体は低めですが、それを踏まえても洗い流さない=塗ったままという状況はかなり危ないのです。



ステアルトリモニウムクロリド ラサーナ 海藻 スムース ヘア ミルク
ステアルトリモニウムクロリド 4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。極めて刺激が強いので、髪にだけつけること。髪ダメージ部に吸着して補修。


シア脂 ラサーナ 海藻 スムース ヘア ミルク
シア脂


ポリクオタニウム-92 ラサーナ 海藻 スムース ヘア ミルク
ポリクオタニウム-92 セラキュート。疑似セラミド成分で、ベタつきのない自然なツヤを付与。


ジメチコン ラサーナ 海藻 スムース ヘア ミルク
ジメチコン




使った感じはかなりの割合で満足度高めになるであろう製品ですが、

わりと短絡的な処方でリスクが高くなってしまっている→値段が一級品より割安なのには理由があるということを肝に銘じるべきでしょう。

ただちに皮膚刺激を感じることのない人も多いでしょうが、タンパク変性作用はじわりじわりと肌の健康な人でも蝕まれていくちょっと困った危険性の種類の1つです。

安全とコスパのいいヘアミルク、天秤にかけて判断する必要がありそうです。

使用感は決して悪くないヘアオイル



しかし、品質のわりにリスクが目立つ

ラサーナ 海藻 スムース ヘア ミルクの全成分

1

2フェニルトリメチコン

ツヤ感が特徴のシリコーンオイルです。

3エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

4セテアリルアルコール

5ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

・ヒアルロン酸の280倍の吸着力を持つヒアロベール配合。
持続的な保湿感を付与しています。

6ヒドロキシエチルウレア

・ヒドロキシエチルウレアは低刺激の尿素誘導体で、持続性の高い保湿、キューティクル平滑効果を付与。

7プロパンジオール

炭素数3のグリコールです。異性体にプロピレングリコールがあります。抗菌・保湿剤として用いられ、安全性が高いと言われていますが、実は天然由来を謳うわりにBGやPGとさほど危険性は変わらない可能性があると言われている。

8加水分解紅藻エキス

9海水

10シア脂

シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。

11バオバブ種子油

アフリカ原産の「生命の樹」とも呼ばれるバオバブ種子からとれたオイルです。オレイン酸・リノール酸をリッチに含み、ビタミン類も含むため抗酸化作用も付与されます。

12イソステアロイル加水分解コラーゲン

保湿効果。

13ケープアロエエキス

14オプンティアストレプタカンサエキス

メキシコ原産のサボテンから抽出したエキスです。繊維芽細胞増殖促進作用を持ち、肌の強化、保湿力向上、抗炎症作用などを期待されます。

15ヒドロキシエチルセルロース

16トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

17ポリシリコーン-15

18ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

19ジメチコノール

水酸基が末端に結合しているジメチルポリシロキサンです。製品にシリコンを乳化させるために配合される乳化剤として働きます。また、ジメチコンと比べ高い櫛通り性、洗浄耐久性があります。

20イソステアリン酸ヘキシルデシル

21シクロペンタシロキサン

環状シリコーンであり、揮発性を有する。蒸発すると皮膜が形成されるタイプで、さらっとした軽い感触を残す性質がある。

22ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

23(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー

ジビニルジメチルポリシロキサンで3次架橋したジメチルポリシロキサンで、さらさら滑らかな粒子です。シリコーン油に対する膨潤性に優れ、製品の安定性を高めます。

24パルミチン酸エチルヘキシル

油性感が少ないさっぱりした感触のエステルオイルです。

25PEG-40水添ヒマシ油

エッセンシャルオイル向けの万能な可溶化剤。アルコール多い系で使われます。

26ポリクオタニウム-92

別名セラキュートで、セラミドを模倣した構造でベタつきのない良質な使用感とより自然なツヤを与えます。

27イソステアリン酸

28BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

29クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

30テトラオレイン酸ソルベス-30

31フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

32香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

天然うるおい成分、フランス・ブルターニュ産海藻のエキス※1、バオバブ種子油配合
フローラル&フルーティのやわらかな香り
※1加水分解紅藻エキス

ラサーナ 海藻 スムース ヘア ミルクを実際に試してみた。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。