ビューナ フォーミングセラム

総合順位

137

総合得点 5点満点

2.63
成分数エキス系特効ダメ
24010
  • ビューナ フォーミングセラムの詳細情報
  • コモライフ(株)の関連商品
  • [JANコード] 4990911189764
  • [商品ID] 7063
  • [容量] 30ml
  • [参考価格] 2680円
  • [1mlあたり] 約 89.33円
ビューナ フォーミングセラム解析チャート

ビューナ フォーミングセラムの解説

自己発泡タイプの美容液

様々な個性を持つ次世代美容液



炭酸ではなく、酸素を発生させる自己発泡型クリームをベースとして、皮膚の奥からエイジングケアを実現する美容成分を詰め込んだ美容液。シワをなんとかしたい、予防したいという方にとっては僥倖となりそうな内容です。





ペプチドがすごい



アセチルヘキサペプチド-8、ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド、カプロオイルテトラペプチド-3、オリゴペプチド-6、ヘキサペプチド-3とならぶ美容成分がずらり。筋収縮抑制作用をはじめ、基底膜強化によるヒトオリゴペプチドを超える効能を見せる成分も配合。基底膜というのは上皮細胞膜と間質細胞層(結合組織)の間に存在する膜状の物質。





ユニークでディープな効用



自己発泡クリームというのも新しい感じですが、単にユニークなだけでなく、しっかり効果が期待できるというのが嬉しいですね。エイジングケアを考えている方には試して見る価値が大きめな美容液の1つといえそうです。

ヒアルロン酸は肌の潤いを保つために真皮層に存在する物質ですが、化粧品として使うと肌表面で水分が蒸発するのを防ぐような働きを期待されます。肌には分子量が大きすぎるため浸透しません。
ヒアルロン酸Na
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
加水分解コラーゲン
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
炭素数3のグリコールです。異性体にプロピレングリコールがあります。抗菌・保湿剤として用いられ、安全性が高いと言われていますが、実は天然由来を謳うわりにBGやPGとさほど危険性は変わらない可能性があると言われている。
プロパンジオール
水酸化カリウムです。苛性カリとも呼ばれ、強いアルカリ性を示し、タンパク質に対し強い腐食性があるため劇物に指定されています。主に石けんを作る際の材料として使われるほか、界面活性剤に配合され強烈な油汚れやタバコのヤニ落としなどに用いられる。また、配管に詰まった毛髪を溶かす用途でも使われる。ただし、劇物に指定されているように非常に物性が強いため、専門的な業者によって使われることが多い。
水酸化K
肌の真皮層に分布するコラーゲン同士を結びつける繊維状タンパク質です。ゴム状に伸縮する特徴があり、肌の弾力・柔軟性を維持するために欠かせないタンパク質です。
加水分解エラスチン

泡クリームが肌に密着



美容成分をしっかり届ける

販売元による宣伝文

エイジングケア成分「アルジルリン」配合。おでこや口元など気になる部分に塗って2〜3分置くと、美容成分配合の泡が角質層まで成分を浸透させます。

ビューナ フォーミングセラムの解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。