Fエイド プリフィカ シャンプー スリークの解析結果 | シャンプー解析ドットコム 

Fエイド プリフィカ シャンプー スリークの解析結果

Fエイド プリフィカ シャンプー
総合点4.73
2611個中7位
品質5.7 %
成分数35
1mlあたり12円 %
安全性7.4 %
エキス類2
詳細情報
  • Fエイド プリフィカ シャンプー スリークの詳細情報
  • [発売日]
  • [JANコード] 4580508130639
  • [ランキング] 7位 2611個中/
  • [ポイント(5点中)] 4.73点
  • [ジャンル] S
  • [容量] 100ml
  • [参考価格] 1199円
  • [1mlあたり] 約 11.99円
  • [商品ID] 8168
  • [ASIN]
  • [商品サイズ]
  • [商品重量] g
  • [成分数]35
  • [洗浄剤数]6
  • [エキス類]2
  • [特に優れた成分]4
  • [要注意成分]0
販売元による宣伝文
カラーデザインの可能性を広げ
ヘアカラーの仕上がりをより長く楽しむために。

ブリーチやヘアカラーによるダメージで弱くなった髪を、毛髪内外からケア。
関連商品
    F.aid Purificaの関連商品
Fエイド プリフィカ シャンプー スリーク解析チャート

Fエイド プリフィカ シャンプー スリークの解説

フィヨーレコスメティクスから新たなブランド、Purifica(プリフィカ)です。

このシャンプーもフィヨーレらしく、先進的で多彩な芸を持つシャンプーに仕上がっっています。

概要

興味深いトリックとクオリティを持つ一品。時代が一個進んだな、という感すらある内容です。

特徴をまとめると、

  • 補修力が抜群で、アプローチの仕方がユニーク。
  • 洗浄剤は当然のように質が良い。
  • 泡質もたいへん良い。
  • 防腐剤もマイルドで機能的。
  • 頭皮にも良い。
  • ノーベル賞受賞の抗酸化成分配合。

このような製品です。順を追って見ていきます。

メーカーについて

フィヨーレコスメティクスはFプロテクト、ファシナートなど、トップブランドを数多く輩出。そのクオリティの高さと、圧倒的コストパフォーマンスが他の追随を許さない。

日本最高のメーカーの1つといえる。

どんな商品?詳しく解析

Purificaシャンプーの要注目ポイントは、抜群でユニーク、先進的な補修力です。

ケラチン、ジグルコシル没食子酸、ポリクオタニウム-47というハリコシ・潤滑性の向上が良い成分をベースとして、注目はヒドロキシプロピルグルコナミド+グルコン酸ヒドロキシプロピルアンモニウムのコンビですね。

この成分は髪内部に浸透してダメージで空洞ができた部分を埋めていくような役割があり、髪の補修と同時にしなやかな手触りが特徴で、髪のケラチン組織の補修によるまとまり力のアップを狙えます。

ジグルコシル没食子酸のようなポリフェノール誘導体によるキューティクル疑似補修効果もとてもユニークで面白い補修効果が期待できますね。

ベースの洗浄剤はバランスの良いアミノ酸系で、適度な洗浄力とベタつかない心地よさを両立。そこに質の良い起泡剤PEG-2カプリリルアミンなどが加わり、速泡性の良さも特徴です。

頭皮にもメリットがたくさん

フィヨーレコスメティクスといえば頭皮にもトニック並に良いことが常となっていますんが、このシャンプーもご多分に漏れず良いものです。

善玉菌だけを増やす効果のあるα-グルカンオリゴサッカリドをはじめ、加水分解キノア種子 、ヘリクリスムイタリクムエキス、フラーレン、イソマルトと、美容効果の高い成分がどしどしと配合されていますね。

特にフラーレンがノーベル賞受賞成分であることや、リフトアップ効果が高いことなど何かとうれしい効果がたくさん含まれるのが嬉しいシャンプーといえます。

髪も肌もハリが出るのは良いことです。

デメリットは?

執筆時点で手に入りにくいシャンプーなのがデメリットかもしれません。

まとめ

髪にも頭皮にも、比較的天然成分由来の成分でハリ・コシを生み出すシャンプーをお探しなら、かなり有力な選択肢になるでしょう。

天然由来だから他より肌に優しい、ということはありませんが、天然由来でここまで仕上がりに違いを見せられる点ははっきりと素晴らしいと言っていいと思います。

フィヨーレの他のシャンプーと比べても個性がはっきり分かれていて、どのシャンプーも良いですが Purificaも本当に素晴らしいシャンプーの1つです。

強いて言えば、他のブランドより同じような効果でより安全という違いがありますね。

処方のクオリティの高さや、素材のチョイスが一級品だなと思わせるシャンプーです。たいへんオススメ。

一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。
コカミドメチルMEA
別名ポリオキシエチレンセトステアリルヒドロキシミリスチレンエーテル。ゲル化・増粘作用を製品に与え、泡立ちを増したり、粘度を高めたりする素材です。
セテアレス-60ミリスチルグリコール
・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。全ての化粧品に対して、安息香酸Al、安息香酸Naなどの安息香酸塩類の合計量は100g中に1.0gまで。
安息香酸Na
両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。
ラウラミドプロピルベタイン
ケラチンタンパクを加水分解して得たケラチンPPT(ポリペプチド)です。毛髪に馴染みやすく、髪の強度を高めるシスチンを豊富に含有します。
加水分解ケラチン(羊毛)
リンゴ酸は、天然ではリンゴなどの果実に多く含まれている有機酸のことです。ブドウ酸を還元する方法でも合成することができます。高配合で肌に刺激となることも。髪の表面を潤滑させたり、pHを整える効能も。
リンゴ酸
2-メタクロイルオキシエチルホスホリルコリンとメタクリル酸ブチルとの重合体で、通称リピジュアです。生体適合性成分であり、高い安全性とヒアルロン酸を圧倒的に上回る保湿効果が特徴です。
ポリクオタニウム-51
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。含有量95%以上のものを濃グリセリンと呼びます。
グリセリン
アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。
ラウロイルメチルアラニンNa
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。
ベタイン
酸性石けんと呼ばれ、石けんに似た洗浄性を持つ。石けんと違い、酸性でも機能を失わない。刺激性が低く、さっぱりした洗い上がり。
ラウレス-4酢酸Na
塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。
ポリクオタニウム-10
フラーレンは、多くの抗酸化成分のように自らが酸化されるタイプではなく、活性酸素を吸着させて酸化を防ぐ。
作用できる活性酸素の種類が多く、お肌の表面を10時間以上も活性酸素を掃除してくれる。また、紫外線吸収剤の多くのように紫外線により壊れてしまう(分解してしまう)こともなく、安定性と持続性が大変優れる。ビタミンCの172倍といわれる抗酸化力で、老化の原因となる活性酸素を無害化します。共有結合結晶であるダイヤモンドやグラファイトとは異なり、数十個の原子からなる構造を単位とする炭素の同素体である。物理的に極めて安定で、水や有機溶媒に溶けにくい性質を持つため、利用開発の難易度が高い。
フラーレン
ケラチン(羊毛)
アミノ酸系アニオン界面活性剤です。コンディショニング効果を持ち、適度な洗浄性と安定した泡立ちが特徴。仕上がりはしっとり感やシルク系のさらりとした感触を残します。
ココイルアラニンTEA