ハーバルエッセンス ビオリニュー ホワイトグレープフルーツ&ミント シャンプーの解析結果

ハーバルエッセンス ビオリニュー ホワイトグレープフルーツ&ミント シャンプー

総合順位

2269

総合得点 5点満点

-0.25
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
265501
  • ハーバルエッセンス ビオリニュー ホワイトグレープフルーツ&ミント シャンプーの詳細情報
  • P&Gの関連商品
  • [JANコード] 4902430867078
  • [商品ID] 7205
  • [容量] 400ml
  • [参考価格] 1058円
  • [1mlあたり] 約 2.65円
ハーバルエッセンス ビオリニュー ホワイトグレープフルーツ&ミント シャンプー解析チャート

ハーバルエッセンス ビオリニュー ホワイトグレープフルーツ&ミント シャンプーの解説

リスクで洗うようなシャンプー

過剰な洗浄力なのはコストが安すぎるせい

ラウレス硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウムという超強力洗浄の2トップ。浸透性も強い洗浄剤のため、肌荒れを引き起こす可能性が非常に高いシャンプーといえるでしょう。

また、髪に対しても浸透性、脱脂力が強すぎるためダメージを増大させるリスクが高いシャンプーともいえます。肌への残留性も高く、まるで食器洗剤ばりの脱脂力と表現してもよいでしょう。こんなものを肌に使う気がしれません。

強い刺激のメントールも

脱脂力が浸透するシャンプーに、メントールの刺激性、PGの浸透性、変性アルコールのような安価で粗悪な素材、キシレンスルホン酸Naも。内容から明らかなのは、一般的なシャンプーに比べて明らかに刺激リスクが高い。そして肌荒れの懸念はかなり高いということ。

普通に考えれば、あえてダメージを来すようなシャンプーを使うのは得策とは言えず、なるべくなら使うべきではない選択肢といえます。なにしろ、本当にメリットというものがほとんどないのではないか、という稀有な製品であるからですね。

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。
メントール
・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。
安息香酸Na
グレープフルーツ果実エキス
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。
ラウレス硫酸Na
両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。
コカミドプロピルベタイン
分子量が小さく、浸透性が強い強洗浄剤です。金属表面処理剤、ダメージ毛の状態を再現するのにも使われる、いわば食器洗剤のように油分を徹底して脱脂するための洗浄剤です。そのため、肌や髪に必要な保湿因子や皮脂バリアを文字通り根こそぎ奪ってしまいます。
ラウリル硫酸Na
ユリ科アロエベラの葉エキスです。創傷治癒、美白、抗炎症作用などを付与。
アロエベラ液汁
セイヨウハッカ油
ベルガモット果実エキス

リスキーとしか言いようがない。

販売元による宣伝文

●日本初上陸。
●ぺたんこ髪が気になる方に・・・。
●ボタニカル発想で根元からふんわり髪へ。


ハーバルエッセンス ビオリニュー ホワイトグレープフルーツ&ミント シャンプーの解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。