メイベリン スキンブライトナー(モイストタイプ) 01 パーリィピンクの解析結果

メイベリン スキンブライトナー(モイストタイプ) 01 パーリィピンクメイベリンさっと簡単、パッと明るく整える化粧下地です。つけた瞬間、ピンクパール入りクリームが素肌になじんでトーンアップ。ツヤもアップ。エモリエント成分(グリセリン)配合により、うるおいを一日中キープ。SPF35/PA+++で、紫外線からお肌を守り、うるおいを逃がしません。

総合順位

31

総合得点 5点満点

2.34
成分数エキス系特効ダメ
46301
  • メイベリン スキンブライトナー(モイストタイプ) 01 パーリィピンクの詳細情報
  • メイベリンの関連商品
  • [JANコード] 4936968663055
  • [商品ID] 5986
  • [容量] 22ml
  • [参考価格] 1296円
  • [1mlあたり] 約 58.91円
素材 
0.5
安全性
2.4
コスパ 
1.7
環境 
2.3
潤滑性
2.9
頭皮改善 
1.3
ツヤ 
2.5
持続性
2.8
感触 
2.6
アンチエイジング
1.3
美白
2.9

メイベリン スキンブライトナー(モイストタイプ) 01 パーリィピンクの解説


メイベリン スキンブライトナー(モイストタイプ) 01 パーリィピンクの全成分

1

2PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

紫外線吸収剤。UV製品ではメジャーな素材ですが、吸収量が多くなると次第に酸化刺激が肌を襲うため、万能では無いことに注意。使用感はやや粘り気を伴うが、べたつくほどではない。

5シクロヘキサシロキサン

6オクチルドデカノール

植物由来の分枝鎖飽和アルコールで、水添ポリイソブテンの感触改良作用がある。薄い皮膜を形成し、ベタつきのないさらっとした感触を与える。

7ステアリン酸

8セチルリン酸K

9パルミチン酸

炭素数16、融点が50℃を越える飽和脂肪酸。

10ステアリン酸PEG-100

11ステアリン酸グリセリル

12TEA

トリエタノールアミンです。主にアルカリ剤として使われますが、この成分単独では発がん性物質を誘発する懸念があると言われたことがあったため、日本製の製品ではあまり登場しない成分です。ただし、発がん性に関しては通常の利用場面では起こりづらいケースであり、この成分が即NGとは言い切れないが、より安全性を高めた素材がチョイスされることに関しては歓迎であろう。

13フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

14セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

15タルク

滑石という鉱石を砕いて微粉末状にした無機粉末です。白色できれいな光沢をもつこと、化学的に不活性で耐熱性にも優れるため、ベビーパウダー、フェイスパウダーによく使われる素材です。アスベストが含まれるなどの危険性が指摘されたため、あまり使われることは多くなくなっています。

16ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

17シリカ

主に二酸化ケイ素のことです。吸水性が低いため、ファンデーションなどが湿気により固形化するのを防ぐ役割や、乳液の安定性を高めるためなどで利用されます。

18メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

19カプリリルグリコール

静菌作用を有する保湿剤として使われます。

20カルボマー

カルボキシビニルポリマーのこと。水溶性増粘剤で、1%以下の配合で粘度をコントロールできる。耐塩性がやや低い。

21香料

香りづけ。

22エチルパラベン

23カプリロイルサリチル酸

24キサンタンガム

微成分により生成される多糖類です。親水性コロイドとして水系の製品の増粘剤として働きます。温度耐性、pH耐性が高い。

25フルオロ(C9-15)アルコールリン酸

26EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

27水酸化Al

酸化チタンや酸化亜鉛などの光触媒作用による肌へのダメージを、水酸化Alで被膜することにより防止します。また、収れん作用があるため肌や歯磨き時の歯肉引き締め効果などに用いられることも。

28ブチルフェニルメチルプロパナール

29アスコルビルグルコシド

30ヘキシルシンナマル

環式アルデヒド化合物で、合成香料の一種です。

31リナロール

32パルミトイルプロリンNa

33リモネン

34サリチル酸ベンジル

35ベンジルアルコール

芳香族アルコールの一種で、空気中で酸化されると安息香酸になる。各種溶剤としてや芳香性の良さから殺菌剤としても用いられる。 エステル化するとイランイランやジャスミンなどの香りの元となる酢酸ベンジルなどを作ることが可能。

36シトロネロール

37ヒドロキシシトロネラール

スズラン、ユリ、ボダイジュ花、ライラック、シクラメンに似た香料。

38スミノミザクラエキス

39センチフォリアバラ花エキス

セイヨウバラの花から抽出したエキス。抗炎症・抗酸化・保湿作用などを付与します。さらに、甘いバラの香りを与える他、美白作用も期待。

40ニンファエアアルバ花エキス

・スイレンの花エキスであるニンファエアアルバエキスは優れた保湿作用を付与。

41(+/-)

42酸化チタン

別名二酸化チタンとも呼ばれる白色顔料で、紫外線散乱剤として使われる他、着色用(例:おしろい)、歯のホワイトニングなどにも使われます。酸化チタンにブラックライトをあてると活性酸素が発生し、これがホワイトニング効果や殺菌作用を付与する。

43オキシ塩化ビスマス

44マイカ

雲母のことです。別名含水ケイ酸アルミニウムカリウム。電気絶縁性や耐熱性に優れる安定した構造で、パールのような光沢を与えたい場合に多く用いられます。潤滑な感触を持つため、ファンデーションなどに使われます。

45赤504

46黄4

販売元による宣伝文

さっと簡単、パッと明るく整える化粧下地です。つけた瞬間、ピンクパール入りクリームが素肌になじんでトーンアップ。ツヤもアップ。エモリエント成分(グリセリン)配合により、うるおいを一日中キープ。SPF35/PA+++で、紫外線からお肌を守り、うるおいを逃がしません。

メイベリン スキンブライトナー(モイストタイプ) 01 パーリィピンクの関連商品

メイベリン スキンブライトナー(モイストタイプ) 01 パーリィピンクを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。