解析結果

ニベアメン フェイスウォッシュ フレッシュ

広告を含みます。

総合点

2.19

総合ランク

313個中 232

成分数

26

植物エキスの数

0

コスパ

0

安全性

0

素材の品質

0

洗浄剤の品質

0

洗浄力

0

使用感の良さ

0

エイジングケア

0

ホワイトニング効果

0

保湿効果

0

スキンケア力

<0

環境配慮

0

浸透力

0

即効性

0

持続性

0

ツヤ感

0

サラサラ感

0

特に優れた素材

0

注意が必要な素材

1
ニベアメン フェイスウォッシュ フレッシュ解析チャート
販売元による宣伝文
●ギラギラ皮脂汚れ気になる方に。
●皮脂吸着成分を配合したリッチな泡が、肌に貼りついた皮脂汚れを浮かび上がらせ、スッキリ洗い流します。
●メントール(清涼成分)配合。
●皮脂吸着成分:セリサイトアパタイト(マイカ、ヒドロキシアパタイト、酸化亜鉛)配合。
●グリセリン、ソルビトール配合(うるおい成分)。
●微香性。
●爽やかなクールシトラスの香りです。
ニベアメン フェイスウォッシュ フレッシュ解析チャート
広告を含みます。

ニベアメン フェイスウォッシュ フレッシュの解説

皮脂を除去して肌をケアしたいなら石鹸ではない。

皮脂を取り、ニキビなどの皮膚トラブルを予防したい、そんな方向け洗顔料だと思います。
しかし、石鹸が果たしてベストな選択肢でしょうか?

石鹸の特徴は何と言ってもアルカリ性。アルカリは肌の保湿成分を溶出させる効果がラウリル硫酸Naよりも高く、更に肌がセラミドを合成し肌バリアを作ることを阻害します。髪のキューティクルは開き、肌は善玉常在菌を追いやって悪玉菌の増殖を促します。このような特徴を考えれば、結果的に肌は乾燥、皮膚疾患を招くでしょう。
皮脂を効率的に除去することがしづらく、保湿成分は溶出しやすい。これでは本来の目的を果たしにくいと気づくでしょう。

もっと言えば逆効果では?

酸化亜鉛や皮脂吸着成分は有効性が期待できますが、石鹸を含む全体的な印象は肌に良くないです。

メントールの清涼感とは裏腹に肌は実際にはすっきりしていない、というタイプ。