プロピア プログノ 136トリートメントパックの解析結果

プロピア プログノ 136トリートメントパック

総合順位

261

総合得点 5点満点

2.69
成分数エキス系特効ダメ
34720
  • プロピア プログノ 136トリートメントパックの詳細情報
  • プロピアの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1249
  • [容量] 200ml
  • [参考価格] 3990円
  • [1mlあたり] 約 19.95円

プロピア プログノ 136トリートメントパック解析チャート

プロピア プログノ 136トリートメントパックの解説

プロピアと言えば育毛、と連想すると思いますが、

このトリートメントに関しては決して育毛トリートメントというわけではないです。

説明にあるように、髪を美しくする、まさにトリートメントとしてのトリートメントです。

内容ですが、

ダイマージリノール酸〜、オリーブ油、コラーゲンなど、油分補給などで保湿効果。

ヒキオコシ、ジオウなど、育毛系エキスも配合されてますが、

頭皮に塗りつけることを推奨できない構成ですので、これは気休め。

パンテノール、ヒマワリロウ、ヘマトコッカス、スフィンゴミエリンなど、

髪のツヤやバリア機能に関する成分が配合。

コメ胚芽油、コムギ、ペリセアも配合。

わりとトリートメントとしては、意外と言っては失礼ですが本気を感じます。

立派に機能するトリートメントとして店頭を飾っていても遜色ないです。

ただし、やはり育毛系メーカーというプライドというか看板が邪魔して、

髪に固執し切れていない面がどうしても見られます。

どの角度から見ても、5つ星にするには物足りない構成です。

性能が、もう一歩一流品に比べると劣ります。

値段的にも、もう一枚上の処方ができたのでは?と思えます。

それでも、トリートメントの中でもわりといい方ではありますよ。

プロピア プログノ 136トリートメントパックの全成分

1

2セタノール

3ジメチコン

4ベヘントリモニウムクロリド

5グリセリン

6ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)

7オリーブ油

8BG

9ステアルトリモニウムクロリド

10加水分解コラーゲン

11ボタンエキス

12ヒキオコシエキス

13フユボダイジュ花エキス

14ステアリン酸グリセリル

15パンテノール

16センブリエキス

17ジオウエキス

18褐藻エキス

19ポリクオタニウム-10

20ヒマワリ種子ロウ

21パーム油

22ヘマトコッカスプルビアリス油

23コメ胚芽油

24スフィンゴミエリン(リポソーム)

25ステビア発酵エキス

26ラミナリアオクロロイカエキス

27トリ(カプリル

28カプリン酸)グリセリル

29ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

30ポリアミノプロピルピグアニド

31(アミノエチルアミノプロピルメチコン/ジメチコン)コポリマー

32加水分解コムギタンパク

33加水分解コムギデンプン

34香料

販売元による宣伝文

植物エキス(天然保湿成分)とプロテイン(保湿保護成分)のコンビネーションにより、べたつかずサラサラの美しい髪をキープするアミノトリートメントですジオウエキスを配合。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。