広告
花王 セグレタ シャンプーをAmazonアマゾンで購入
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セグレタ シャンプー 本体(430mL)【セグレタ(Segreta)】
価格:972円(税込、送料別) (2018/11/12時点)


楽天rakutenで購入

総合点

-0.12

総合ランク

2953個中 2923

成分数

42

植物エキスの数

6

コスパ

0

安全性

0

素材の品質

0

洗浄剤の品質

0

洗浄力

0

髪補修力

0

育毛力

0

使用感の良さ

0

エイジングケア

0

ホワイトニング効果

0

保湿効果

0

スキンケア力

<0

環境配慮

0

浸透力

0

即効性

0

持続性

0

ツヤ感

0

サラサラ感

0

特に優れた素材

0

注意が必要な素材

1
セグレタ シャンプー解析チャート
販売元による宣伝文
●ゆらぎがちな大人のキレイにトータルバランスケア。
●弾む!ふんわり髪に。
●髪の弾力※バランス、地肌のうるおいバランス、気分華やぐ香りバランスです。
●髪と地肌の美容液成分配合(つや付与・保湿)ローズヒップ・ザクロ・バラ・ローヤルゼリー・ダイズ・ユーカリエキス・リンゴ酸・乳酸
●気分華やぐアロマティックローズの香りです
●ノンシリコーン処方
※ハリ・コシを与える
セグレタ シャンプー解析チャート
広告

セグレタ シャンプーの解説

強力洗浄と無理矢理感のある感触改良剤

洗浄剤の強さはラウレス硫酸アンモニウムベースということで疑いないですが、それ以外の部分でもコストを安く上げた印象が強い構成となっています。

ラウレス硫酸アンモニウム セグレタ シャンプー
ラウレス硫酸アンモニウム コストが安く、洗浄力が非常に強い。浸透こそしないが、肌の表面を脱脂され乾燥肌を招く。髪はダメージ、乾燥毛になりやすい。


そこに加えて、陽イオン界面活性剤で感触をよく演出しよう、という安直でメリットの少ない手法。一時的にサラッとはするものの、肌へのリスクは他よりも高くなりやすく、髪への残留物が増えコンディションを徐々に悪化させる可能性も。

ステアロキシプロピルジメチルアミン
肌刺激がややマイルドな3級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。


リン酸のような環境負荷成分もあり
リン酸 セグレタ シャンプー
リン酸 クエン酸の廉価版として代用されるpH調整剤。環境への負荷が懸念される素材の1つ。


ラノリンやリンゴ酸、エタノールの配合量、安息香酸Naなどの存在など、あちこちに皮膚刺激になるリスクが散在されるシャンプーであって、これは取りも直さずコストを安く上げたことの副作用のようなものではないか、とも見えます。
洗浄剤から添加成分まで、おすすめ感が本当に薄く仕上がっている駄作といっていいでしょう。
花王 セグレタ シャンプーをAmazonアマゾンで購入
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セグレタ シャンプー 本体(430mL)【セグレタ(Segreta)】
価格:972円(税込、送料別) (2018/11/12時点)


楽天rakutenで購入