yu-kiオールインワンパーフェクトクリームファンデーションの解析結果

yu-kiオールインワンパーフェクトクリームファンデーション

総合順位

4

総合得点 5点満点

4.4
成分数エキス系特効ダメ
591030
  • yu-kiオールインワンパーフェクトクリームファンデーションの詳細情報
  • yu-kiの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 7094
  • [容量] 30ml
  • [参考価格] 4320円
  • [1mlあたり] 約 144円
yu-kiオールインワンパーフェクトクリームファンデーション解析チャート

yu-kiオールインワンパーフェクトクリームファンデーションの解説

あらゆる要素を含むことのメリット、デメリット

全部入りの様相

美容液、下地、日焼け止め、ファンデーションの役割を一本で担うという製品です。確かに、全成分表を見てもあらゆる要素を詰め込んだように見える賑やかな構成となっています。

あらゆる要素を詰め込むという手法が与える影響というのは、メリットばかりでしょうか。

使用感の部分では問題なさそう

まず、ファンデーションという意味での使用感は悪くなさそうです。ベースのシリコーン、紫外線散乱剤をはじめ、それらを被覆するコーティング剤、球状シリコーンゴムパウダーのシリコーンレジン、ポリエーテルシリコーンなどなど、特に使用感の面ではべたっとした感じを一切与えず、化粧品の形状に関しても良い状態に維持できる工夫がしっかりとなされています。この製品のように紫外線散乱剤として用いられる酸化チタンなどの配合が多い場合べたつきやすいというデメリットがありますが、その辺りをうまくカバーできているように思います。

ちなみに、紫外線を散乱させる成分とシミの発生を抑える抗酸化成分などの配合はありますが紫外線吸収剤が配合されていないという点でuVカット効果は少し控えめであると考えた方がいいかもしれません。

美容液としての効果はどうか

ファンデーションでありながら、美容液としての効果も果たしてあるのでしょうか?

目立ったところではヨクイニン、ハトムギのような整肌成分に、ビタミンC誘導体、桜エキスの抗酸化作用、スイゼンジノリ多糖体、エクトインの保湿効果などバラエティに富んだ美容成分を内包しています。

一つ一つの成分は確かに有用で、美容液としても十分成立しそうなポテンシャルがあります。ただし、あらゆる要素を詰め込んでいる =一つ一つの成分の有効濃度に達していない可能性という点を注意して見なければなりません。

配合できる量には限界があり、これだけ様々な種類の成分が含まれるという点では含有量に関してシビアに考えなければならないということです。

そのようなフィルターを通して眺めてみると、美容液としての実力に関してはあまり多くを期待してはいけない、といえるでしょう。ただし保湿効果に関しては一定の体感を得ることができそう。

ファンデーションとして使い、美容効果はおまけとみるべし

美容効果に関しては多くを期待できませんが、少なくても何も無いよりは少なからず恩恵が期待できるというものです。日焼け止めとしては中程度、化粧下地としてはまずまずの働きを期待できます。

これ一本で何もかもを担えるほどの完全な製品とは言えません。手間をかけられるのであればそれぞれ別の専門的な製品を使い分けた方が結果的には良いものとなるでしょう。時間がなかったり手間をかけられないという時に臨時で使うには良いかもしれませんね。

ヒアルロン酸は肌の潤いを保つために真皮層に存在する物質ですが、化粧品として使うと肌表面で水分が蒸発するのを防ぐような働きを期待されます。肌には分子量が大きすぎるため浸透しません。
ヒアルロン酸Na
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
加水分解コラーゲン
オレンジ果汁
レモン果汁
グレープフルーツ果実エキス
コラーゲンの形をそのままに水に溶解させたのがこの水溶性コラーゲンです。魚の骨や皮、うろこを原料として、匂いが少なく吸収性が高いのが特徴です。
水溶性コラーゲン
リンゴ酸は、天然ではリンゴなどの果実に多く含まれている有機酸のことです。ブドウ酸を還元する方法でも合成することができます。高配合で肌に刺激となることも。髪の表面を潤滑させたり、pHを整える効能も。
リンゴ酸
・サンザシエキスはバラ科サンザシの花、葉、実抽出エキス。フラボノイド、ビタミンCを多く含有し、保湿、美白、収れん作用を与えます。
サンザシエキス
メラニンの生成を抑制する作用、抗炎症・育毛・ヒスタミン遊離抑制作用などを付与します。
ソメイヨシノ葉エキス
ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。
ジメチコン
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
油性感が少ないさっぱりした感触のエステルオイルです。
パルミチン酸エチルヘキシル
リンゴ果実エキス
加水分解ハトムギ種子
オリーブ油脂肪酸セテアリル
オリーブ油脂肪酸ソルビタン
粉体表面をコーティングすることにより、油剤への分散性の向上、パウダー製剤の汗による化粧崩れを防ぎ、化粧持続性の向上効果が期待できる、使用性の改善効果などのメリットを与えます。
ハイドロゲンジメチコン

化粧下地としては良い



美容液としては薄味



日焼け止め効果は中程度くらい

yu-kiオールインワンパーフェクトクリームファンデーションの全成分

  1. シクロペンタシロキサン
  2. 酸化チタン
  3. グリセリン
  4. イソノナン酸イソトリデシル
  5. BG
  6. 酸化亜鉛
  7. PEG-10ジメチコン
  8. パルミチン酸エチルヘキシル
  9. カプリリルメチコン
  10. (ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー
  11. アンズ種子エキス
  12. ヨクイニン
  13. 加水分解ハトムギ種子
  14. パーシック油
  15. リンゴ酸
  16. ライム果汁
  17. ソメイヨシノ葉エキス
  18. オレンジ果汁
  19. レモン果汁
  20. ワサビノキ種子エキス
  21. グレープフルーツ果実エキス
  22. リンゴ果実エキス
  23. サンザシエキス
  24. ナツメ果実エキス
  25. 水溶性コラーゲン
  26. オプンティアストレプタカンサエキス
  27. ブクリョウエキス
  28. 加水分解コラーゲン
  29. 酢酸ヘキサノイルジペプチド-3ノルロイシン
  30. 3-O-エチルアスコルビン酸
  31. デキストリン
  32. オリーブ油脂肪酸セテアリル
  33. オリーブ油脂肪酸ソルビタン
  34. サトザクラ花エキス
  35. レシチン
  36. スイゼンジノリ多糖体
  37. アスコルビン酸
  38. エクトイン
  39. ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)
  40. ポリソルベート40
  41. トコフェロール
  42. ヒアルロン酸Na
  43. ビオサッカリドガム-4
  44. 塩化Na
  45. PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
  46. ジステアルジモニウムヘクトライト
  47. ハイドロゲンジメチコン
  48. マイカ
  49. ジメチコン
  50. ヤシ油脂肪酸BG
  51. 水酸化Al
  52. 含水シリカ
  53. フェノキシエタノール
  54. トリメチルシロキシケイ酸
  55. ポリシリコーン-11
  56. 酸化鉄
  57. タルク
  58. メチコン

販売元による宣伝文

〇美容液・下地・日焼け止め・ファンデーションがこれ1本に!
〇こだわりの色味で、肌になじんで白浮きしません
〇付けた瞬間の伸びと抜群の肌なじみ、そして続く潤いに感動します
〇しみ・くすみを隠し、肌を明るく見せるミラーマジック処方
〇ノンケミカルで、SPF50+ PA++++

yu-kiオールインワンパーフェクトクリームファンデーションの解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。