アスタリフト セラム BB クリーム<日中用美容液 兼 化粧下地>の解析結果


総合順位

4

総合得点 5点満点

4.14
成分数エキス系特効ダメ
41100
  • アスタリフト セラム BB クリーム<日中用美容液 兼 化粧下地>の詳細情報
  • 富士フィルムの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 6682
  • [容量] 30ml
  • [参考価格] 4082円
  • [1mlあたり] 約 136.07円

アスタリフト セラム BB クリーム<日中用美容液 兼 化粧下地>解析チャート

アスタリフト セラム BB クリーム<日中用美容液 兼 化粧下地>の解説

得意のアスタキサンチンに加えてイヌリン配合

様々な機能を肌にマイルドに、かつ有効性を高めて作用させる、さすがの逸品。


強力に紫外線を防ぎ、美白効果のアスタキサンチンも配合。

さらっと均一に仕上がり、肌に安全性の高い処方。

技術的にしっかりした、快適に使える多機能化粧下地ですね。



セラミドやシロキクラゲ多糖体の保湿効果はおなじみですが、ラウリルカルバミン酸イヌリンの配合はユニークで強力ですね。

イヌリンの極めて強力な乳化作用が、各種有効成分を高濃度で配合することを可能にしている面もあるでしょう。

アスタキサンチン含有のヘマトコッカスプルビアリス油のような成分ですね。



高いUVカット能を持ちつつ、透明感の高い仕上がりで、かつベタつかないBBクリームです。

非常によくできた内容だと言えますので、質の高い設計の化粧下地をお探しでしたら試しに使って見る価値があります。

アスタリフト セラム BB クリーム<日中用美容液 兼 化粧下地>の全成分

1

2シクロペンタシロキサン

環状シリコーンであり、揮発性を有する。蒸発すると皮膜が形成されるタイプで、さらっとした軽い感触を残す性質がある。

3ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

4ジグリセリン

グリセリンのベタつきを抑えた成分で、保湿剤です。

5ポリシリコーン-15

6グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

7エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

8水酸化Al

酸化チタンや酸化亜鉛などの光触媒作用による肌へのダメージを、水酸化Alで被膜することにより防止します。また、収れん作用があるため肌や歯磨き時の歯肉引き締め効果などに用いられることも。

9t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

t-ブチルメトキシジベンゾイルメタンはUV-Aを吸収するタイプ。UV-A吸収剤としては特に頻繁に使われます。

10(ジメチコン/(PEG-10/15))クロスポリマー

滑らかでユニークな感触を与えるポリエーテル変性シリコーンです。

11PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン

オイルに対する溶解性に優れた分岐シリコーン鎖ポリエーテル変性シリコーンです。粘度調整や乳化剤として用いられます。

12(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー

ジビニルジメチルポリシロキサンで3次架橋したジメチルポリシロキサンで、さらさら滑らかな粒子です。シリコーン油に対する膨潤性に優れ、製品の安定性を高めます。

13BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

14PEG-6

ポリエチレングリコールです。乳化・保湿目的で配合されます。

15PEG-32

16トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

酸化に対して安定な多価アルコール脂肪酸エステルで、べたつかない軽い感触を与える。

17オレイン酸ポリグリセリル-10

親水性乳化剤、分散剤。

18ステアリン酸スクロース

19ラウリルカルバミン酸イヌリン

キク科の多年草チコリから得た植物由来の乳化剤です。少量で非常に優れた乳化作用を持つ天然の界面活性剤のように働く成分です。

20レシチン

天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

21ヘマトコッカスプルビアリス油

アスタキサンチンを含有する藻から得たエキスです。。アスタキサンチンはβ-カロテンの40倍以上の抗酸化力を持つカロテノイドの一種です。活性酸素を強力に除去して体が酸化するのを抑止する働きがあります。

22シロキクラゲ多糖体

シロキクラゲから抽出した高分子多糖体。べたつきのない高級感のある柔軟な皮膜を形成し、洗浄系に配合することできめ細かく弾力の高い泡を形成します。

23セラミド3

24セラミド6II

25トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

26イソステアリン酸

27オレイン酸

28シリカ

主に二酸化ケイ素のことです。吸水性が低いため、ファンデーションなどが湿気により固形化するのを防ぐ役割や、乳液の安定性を高めるためなどで利用されます。

29含水シリカ

30酸化Ca

31クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

32塩化Na

33リン酸Na

34リン酸2Na

35水酸化Na

36メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

37フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

38(+/-)酸化チタン

別名二酸化チタンとも呼ばれる白色顔料で、紫外線UVB散乱剤として使われる他、着色用(例:おしろい)、歯のホワイトニングなどにも使われます。酸化チタンにブラックライトをあてると活性酸素が発生し、これがホワイトニング効果や殺菌作用を付与する。延びの悪さや白浮きといった課題があり、処方に配慮が必要。

39酸化鉄

文字通り酸化された鉄のことです。化粧品で様々な色調を表現するのに使われる素材で、吸油性、分散性に優れ取り扱い易い。

40赤202

41マイカ

雲母のことです。別名含水ケイ酸アルミニウムカリウム。電気絶縁性や耐熱性に優れる安定した構造で、パールのような光沢を与えたい場合に多く用いられます。潤滑な感触を持つため、ファンデーションなどに使われます。

販売元による宣伝文

スキンケア効果だけでなく、塗った瞬間、美容液があふれ出す(*1)、みずみずしいつけ心地のBBクリーム。透明感、カバー力(*2)、UVカットも兼ね備えた、多機能BBクリームです。しっとりツヤ感のあるナチュラルメイクがお好みの方に。
<SPF50+・PA++++>
[オールシーズン対応]

アスタリフト セラム BB クリーム<日中用美容液 兼 化粧下地>を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。