ビューナ 薬用ホワイトリンクルの解析結果

総合順位

28

総合得点 5点満点

3.23
成分数エキス系特効ダメ
391200
  • ビューナ 薬用ホワイトリンクルの詳細情報
  • コモライフ株式会社の関連商品
  • [JANコード] 4990911189016
  • [商品ID] 6699
  • [容量] 100ml
  • [参考価格] 3300円
  • [1mlあたり] 約 33円

ビューナ 薬用ホワイトリンクル解析チャート

ビューナ 薬用ホワイトリンクルの解説

素材を見てください

美白系オールインワンジェルですが、素材が興味深い

メインの美白効果を中心に、高い保湿効果と整肌作用を持つオールインワンジェルですが、

注目すべきは素材力。

無臭系プラセンタエキスをはじめ、微生物産の乳化剤や界面活性剤と油の中間の性質を持つ成分、セラミド疑似成分にシュガースクワランなどなど・・

肌に優しいだけでなく、環境にも配慮した素材を積極的に採用しています。

サスティナブルな製品と言い換えてもいいでしょう。

プラセンタをはじめ植物エキスの数々も高い美白効果が期待される素材が並び、

保湿効果、手触りの良さも十分に配慮されています。

通常サメやオリーブから得られるスクワランですが、この製品ではシュガースクワランというサトウキビ由来のスクワランを利用。

ベトつき感が少なく、高い保湿効果を付与する成分です。そして、生産量が安定していて環境に優しい特徴がありますね。

アルカリゲネスレータスB-16ポリマーという微生物由来の成分も配合されていますが、一般的に界面活性剤が使われる場面などで乳化剤として代用されます。

言うまでもなく、安全性、低刺激性という面で非常に有利ですね。



このように、素材選びが独特・先進的な印象でひと味ちがう美白美容液を使ってみたい!という方に特におすすめです。

風変わり、という以上に有能なので、美白効果はもちろん美容液としても期待していいいでしょう。

ビューナ 薬用ホワイトリンクルの全成分

1ニチレイ・水溶性プラセンタエキスB-F

豚由来のプラセンタエキス(アルフォス除去タイプ)透明性、安定性、低臭品。チロシナーゼ活性阻害、メラニン生成抑制のデータあり。

2グリチルリチン酸ジカリウム

細胞レベルで抗炎症作用をもたらす甘草由来の素材。また、白血球内の免疫細胞を強化する働きもあるとされています。

3精製水

4濃グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

51,3-ブチレングリコール

BGと表記される成分です。グリセリンよりもさらりとした感触で、エキスなどの溶剤として、抗菌作用も付与する特徴があります。

6マルチトール液

7シュガースクワラン

サトウキビ由来で、サメやオリーブ油由来のスクワランの代替となる次世代型のスクワランです。サトウキビは生産量が多く供給が安定しており、かつ油性感の少ないさらっとした保湿効果を付与することが可能。

81,2-ペンタンジオール

ペンチレングリコールとも呼ばれます。グリセリンなどのような多価アルコール類で、抗菌作用のある溶剤として用いられます。BGよりも低濃度で抗菌力を発揮できるため、低刺激性製品でも活用されます。

9カワラヨモギエキス

10アルピニアカツマダイ種子エキス

ショウガ科のアルピニア・カツマダイの種子から得たエキスです。カルダモニンという有効成分が含まれ、紫外線を浴びた際にメラニンの生成をさせない効果があります。

11N-ステアロイルフィトスフィンゴシン

12セチルヒドロキシプロリンパルミタミド

セラミド2を模した疑似セラミド。セラミド2よりも融点が低い(56~62℃)。角層水分量の回復がはやく、荒れ肌改善効果が期待される。

13アルカリゲネスレータスB-16ポリマー

微生物産両親媒性高分子で、界面活性剤の代用として乳化作用などを付与する。安全性、低刺激性に優れた素材として活用される。

14ヒアルロン酸ナトリウム(2)

ヒアルロン酸。

15水溶性コラーゲン(F)

タラの浮袋から水にて室温で抽出して得られる水溶性コラーゲン。

16オウゴンエキス

シソ科コガネバナの根より抽出したエキスです。抗炎症・抗アレルギー作用をはじめ抗酸化作用・美白作用・収斂作用などを付与。育毛系の製品でもよく利用されるように、男性ホルモンを抑制する効果があります。

17チョウジエキス

フトモモ科丁子のエキスで、クローブとも呼ばれます。ガロタンニン、オイゲノール、ベンズアルデヒドなどが主成分で、抗菌・抗炎症・血行促進作用などを付与します。

18オトギリソウエキス

弟切草。セント・ジョーンズ・ワート(St. John's wort)という呼び方も。テリハボク科のハーブ、セイヨウオトギリソウ・コゴメバオトギリソウの花、または全草から抽出。創傷治癒や抗鬱、AIDSの治療薬としても。毛髪の成長を促す効果が期待される。

19カモミラエキス(1)

キク科カミツレの花エキスです。発汗作用、抗炎症、収斂、血行促進作用などを付与。

20シナノキエキス

フユボダイジュエキスとも呼ばれるエキスです。タンニン・フラボノイドを含み、血行促進、収斂、抗炎症作用などを付与。

21トウキンセンカエキス

キンセンカの花から得たエキス。マリーゴールドと呼ばれる植物です。抗炎症効果が優れます。

22ヤグルマギクエキス

23ローマカミツレエキス

・ローマカミツレエキスはキク科ローマカミツレより抽出、抗炎症効果に優れ、肌荒れ防止、育毛、抗菌、抗フケ、カユミ防止目的で使われる。

24タイソウエキス

25加水分解ヒアルロン酸

26タイムエキス(1)

27カンゾウフラボノイド

28N-ラウロイルサルコシンイソプロピル

界面活性剤と油の中問領域に位置する物質。難溶性とされる素材との相溶性が高く, 無機顔料の分散性を向上させる機能的な物質である。

29アクリル酸ナトリウム・アクリロイルジメチルタウリン酸ナトリウム共重合体/イソヘキサデカン/ポリソルベート80

比較的廉価な増粘剤で、幅広いpH域での増粘が可能。シリコーンや植物油をはじめ、あらゆる油相成分を乳化できます。製造コスト削減にも貢献。

30ジグリセリン

グリセリンのベタつきを抑えた成分で、保湿剤です。

31マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル

32グリセリン脂肪酸エステル

33モノオレイン酸ソルビタン

34架橋型メチルポリシロキサン

35メチルポリシロキサン

ジメチコン。

36ヒドロキシエタンジホスホン酸四ナトリウム液

37天然ビタミンE

血行促進、抗酸化作用。

38d-δ-トコフェロール

39フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

販売元による宣伝文

美白の部外品処方と抗シワの効能評価試験済みのオールインワンジェル。1つで化粧水・乳液・美容液・クリーム・アイクリーム・パック・化粧下地として使えます。

<ご使用方法>
朝晩の洗顔後、適量(さくらんぼ粒大)を手のひらに取り、顔全体にやさしくなじませてください。

効果効能:メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。皮膚を保護する。皮膚の乾燥を防ぐ。

ビューナ 薬用ホワイトリンクルを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。