ヘアローブ ヘッドスパ トリートメント プロの解析結果

総合順位

37

総合得点 5点満点

4.13
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
5743520
  • ヘアローブ ヘッドスパ トリートメント プロの詳細情報
  • ジヴァスタジオの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 5137
  • [容量] 180ml
  • [参考価格] 3800円
  • [1mlあたり] 約 21.11円
洗浄力
2.6
素材
4.9
安全性
6.8
コスパ 
3.5
環境 
4.7
補修力
1.6
潤滑性
2.7
頭皮改善 
4.8
ツヤ 
1.5
持続性
3.1
感触 
3.9
育毛
2.1
洗浄剤
4.9

ヘアローブ ヘッドスパ トリートメント プロの解説

要素が多い役割多彩系シャンプー。

単にアミノ酸ベースのシャンプーですよ、というレベルではなく、
実に複雑に様々な要素が入り乱れる内容に。

もっとも配合数の多い植物エキスは頭皮環境の改善に期待が持たれますが、



髪のコンディショニング効果を期待されるメドウフォーム-δ-ラクトン、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、卵殻膜、ヒアロベールといった素材も配合。



アミノ酸洗浄ベースの他に泥成分も追加して洗浄効率をあげている



基本的にはまったりした洗浄性だが、泥が物理的に汚れを除去する効果もプラスしてバランスは悪くない。



ただ、微量ながらベヘナミドプロピルジメチルアミン(カチオン界面活性剤)まで配合するのはいかがなものだろう。



これにより、皮膚へのタンパク変性や刺激性がわずかにリスク上昇。

その代わり、髪はスムース感を増す。



全体的にはあらゆる要素が内包されていて、使用感はユニークで満足度が高いタイプです。



洗った感もあるし、仕上がりも良い。



しかし、厳密に成分のひとまとりの質で言うと、少々改善の余地ありと見ます。



コストパフォーマンスからしても、もっとクオリティをあげられる部分がおそらくたくさんあるでしょう。



使った感じだけで言えば、良い製品ですが。。

ヘアローブ ヘッドスパ トリートメント プロの全成分

1

2グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

3ラウロイルメチルアラニンNa

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

4コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

5ラウラミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。

6ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

7ジステアリン酸グリコール

コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。

8ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

9パラオ白泥

10ガーデニアタヒテンシス花エキス

・ガーデニアタヒテンシス花エキスはタヒチ原産のティアレの花エキスで、抗炎症・保湿・毛髪線維修復効果を付与します。

11クラドシホンノバエカレドニアエ多糖体

フコイダンという呼び名の方が一般的かもしれません。もずくから抽出されるエキスは潤いのコーティング効果、細胞賦活作用、抗アレルギー作用、ヒアルロン酸産生の促進作用を付与。

12加水分解コラーゲン

13ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

・ヒアルロン酸の280倍の吸着力を持つヒアロベール配合。
持続的な保湿感を付与しています。

14メドウフォーム-δ-ラクトン

加熱により毛髪ケラチンのアミド結合を形成します。この結合は疎水性相互作用より強力に髪へ吸着し、毛髪の疎水性の強化を促す。

15シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール

両親媒性型のエステル油で、水溶性有効成分の浸透促進効果、スピーディーなクレンジング効果、べたつきが少なく、軽い感触に仕上げる作用があります。

16加水分解卵殻膜

17オオウメガサソウ葉エキス

18ブッチャーブルーム根エキス

19エイジツエキス

営実エキスはノイバラ果実エキスのことですね。フラボノイドやビタミンなどが含まれています。 独特な香りがあります。 収れん作用や美肌・美白効果を期待。

20ヒバマタエキス

21トウキエキス

22アルニカ花エキス

キク科アルニカの花から得たエキス。フラボノイド、カロチノイドなどの抗酸化成分や、タンニンの収れん作用、また抗炎症作用などを付与されます。

23イチョウ葉エキス

フラボノイドとギンコライドを主成分とし、血流促進効果を期待されます。

24セイヨウキズタエキス

ウコギ科西洋木蔦から得たエキスです。サポニン、フラボノイドを含み、抗炎症・抗菌・抗酸化作用・清浄作用を付与します。

25シャクヤクエキス

抗AGEs(抗糖化)作用や免疫増強効果などを付与。

26チャ葉エキス

チャ葉から抽出したエキスです。抗菌作用が優れ、タンニンの収れん作用、ビタミン類の抗酸化作用、アミノ酸の保湿作用など付与します。

27スギナエキス

とても根が深く伸びる杉菜のエキス。収斂・抗菌・抗炎症作用を付与します。

28レモン果実エキス

29ワレモコウエキス

バラ科吾亦紅のエキスです。タンニン、サポニンを含み、血行促進、抗菌作用などを呈します。

30クララエキス

マメ科クララの根より得たエキス。苦参とも呼ばれる苦味成分が特徴で、発毛・収斂・抗菌・血行促進作用などを期待されます。

31アロエフェロックス葉エキス

ケープアロエの葉から抽出。紫外線からダメージを防いだり、男性ホルモンを抑制する作用から育毛効果を期待される。

32クレマティスエキス

33ローズマリーエキス

シソ科常緑樹ローズマリーの葉から得たエキスです。精油としてもおなじみですが、フラボノイド、タンニン、フラボノイド類などを含みます。抗菌作用・抗炎症作用・収れん作用を付与します。

34セイヨウアカマツ球果エキス

西洋赤松の球果から抽出したエキスで、血行促進、抗炎症、収れん作用などを付与。

35ホップエキス

・ホップエキスは抗酸化作用、抗菌作用、女性ホルモン様作用による育毛効果。また、メラノサイトを活性化させる作用があり、白髪の予防も期待されます。

36セイヨウナツユキソウ花エキス

37ソウハクヒエキス

クワ科桑白皮のエキスです。フラボノイド、クマリンなどを含み、美白作用などの抗酸化作用、育毛作用などを期待されます。

38マロニエエキス

39セージ葉エキス

シソ科セージの葉抽出エキス。抗菌作用、血行促進作用、収れん作用などを与えます。

40ハマメリスエキス

ハマメリスエキスは収れん作用により毛穴を引き締め、皮脂の抑制などに寄与します。また、毛細血管強化、抗炎症作用も。

41ゴボウ根エキス

牛蒡の根から抽出。抗炎症・血行促進作用を付与します。

42オランダカラシエキス

セリ科オランダカラシから得たエキス。辛味配糖体シニグリン(ミロン酸カリウム)やビタミン類を含み、血行促進作用、抗菌作用、発毛・皮膚細胞活性化作用があるとされます。

43セイヨウオトギリソウエキス

セント・ジョーンズ・ワートとも呼ばれるエキスで、抗酸化作用、美白作用、保湿作用、皮膚細胞賦活作用などを付与します。

44サボンソウエキス

・サボンソウエキスはヨーロッパ原産なでしこ科サボンソウの根、葉から抽出されるエキスで、発泡性があり、汚れを落とす作用があるサポニンを含む。

45ブドウ葉エキス

多種のポリフェノールを含むエキスで、抗炎症・皮脂抑制、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの分解を抑制といった効果を与えます。

46オタネニンジン根エキス

活性成分ジンセノサイドを含有するオタネニンジンの根から採れたエキス。代謝・血行促進作用を有する。

47カンゾウ根エキス

マメ科の植物甘草の根から抽出したエキス。グリチルリチン酸を豊富に含み、細胞レベルでの抗炎症作用や美白作用を期待されます。

48ヤシ油

液状の油とワックスの中間の融点を持つ、ラウリン酸主体のオイルです。伸びがよく、皮膚の生理機能を阻害しない、酸化安定性の高いトリグリセリドです。

49ダイズ油

50トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

51BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

521,2-ヘキサンジオール

53塩化Na

54ベヘナミドプロピルジメチルアミン

3級カチオン界面活性剤で、肌刺激がマイルドなかわりにコンディショニング効果は低い。ややしっとり感のある感触。

55クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

56フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

57香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

ハリ・ツヤ・コシ・ボリュームなど髪の悩みに。使うほどに根元から立ち上がる若々しい髪を目指すオールインワンヘアケア。

ヘアローブ ヘッドスパ トリートメント プロの関連商品

ヘアローブ ヘッドスパトリートメントプロ ポンプタイプ(500g)
楽天でヘアローブ ヘッドスパ トリートメント プロを買う

ヘアローブ ヘッドスパ トリートメント プロを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。