ヴィアルーチェ スカルプシャンプーACの解析

総合順位
322位
総合評価 5点満点
2.59
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
6551410

[製造販売元] ヴィアルーチェ

[商品ID] 5348
[容量]200ml
[参考価格]2527円
[1mlあたり] 約12.64

洗浄力

10%

素材
54%

安全性

32%

コスパ 

26%

環境 
104%

補修力

8%

ツヤ 
8%
感触 
50%
育毛
116%
洗浄剤
46%

ヴィアルーチェ スカルプシャンプーACの解析

控えめな洗浄性と高いスキンケア能。


清涼感と肌引き締め効果、抗炎症効果や清浄作用などが特徴のスキンケアシャンプー。


洗う力は弱めですが、質の高い洗浄性です。


アンチエイジングなエキス類もたっぷりと種類が投入され、
使い勝手の良い良品と言えるでしょう。



ヴィアルーチェ スカルプシャンプーACの全成分

1

2BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

3ラウロイルアスパラギン酸Na

アミノ酸型洗浄剤ですが、粘膜刺激が低く、洗浄力も温和で、それなりに泡立ちがあり、とても使用感がソフトで使いやすい洗浄剤です。高価な部類の洗浄剤ですが、特に肌に優しいシャンプー作りの中で使用感も両立させたい場合に重宝するでしょう。

4ラウラミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。

5ココイルメチルタウリンNa

アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。

6ペンチレングリコール

1,2-ペンタンジオールとも呼ばれます。グリセリンとも近い多価アルコールというカテゴリの成分で、BGよりも低濃度で必要な殺菌性を得ることができるため、比較的安全性を売りにする製品に採用される傾向があるようです。また、さらっとしたベタつきのない使用感も特徴。

7ココアンホ酢酸Na

皮膚との親和性に優れた両性界面活性剤。強い泡立ち。防腐剤フリーでベビーシャンプーにも適す。

8PEG-20ソルビタンココエート

9PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

10ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

11メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

12クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

13塩化Na

14グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

15コメヌカ油

16ラウロイルグルタミン酸ジヘキシルデシル

17ピリドキシンHCl

18エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

19タウリン

20クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

21グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

22グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

23

24グルタミン酸

25ロイシン

26硫酸亜鉛

・肌の引き締め成分として硫酸亜鉛を添加しています。

27ヒスチジンHCl

28セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

29バリン

30アスパラギン酸Na

31トレオニン

32ゴボウ根エキス

牛蒡の根から抽出。抗炎症・血行促進作用を付与します。

33アラニン

34イソロイシン

35カキタンニン

・カキタンニンは柿渋に1%-2%程度含まれる成分で、高い収れん作用と加齢臭を分解して消す効果を付与。

36アラントイン

別名で5-ウレイドヒダントイン、グリオキシジウレイドとも呼ばれる、抗炎症・抗刺激作用を有する成分。アルカリ性中では分解してしまうため、弱酸性下でしか使えません。牛の羊膜から発見された代謝中間体成分ですが、うじ虫の体液にも多く含まれ、壊死した細胞を取り除き、新しい細胞の生成を促進する作用などがある。

37フェニルアラニン

38トウキ根エキス

血行促進、抗アレルギー作用。

39ビワ葉エキス

殺菌・鎮痛・抗炎症作用を付与する。皮膚の修復作用を期待。

40豆乳発酵液

大豆イソフラボンを多く含み、女性ホルモン様作用を付与します。これにより、皮脂の抑制や、男性型脱毛の予防、保湿効果などを期待できる素材です。

41オタネニンジン根エキス

活性成分ジンセノサイドを含有するオタネニンジンの根から採れたエキス。代謝・血行促進作用を有する。

42アルギニン

43プロリン

44スサビノリエキス

45カミツレ花エキス

アピゲニン含有、ヒスタミンの遊離抑制により抗炎症作用を示す。

46オウゴン根エキス

収斂・抗菌・抗炎症作用のほか、男性ホルモン由来の脱毛を予防する作用も。

47シソ葉エキス

シソ科紫蘇の葉より得たエキスです。ロズマリン酸やフラボノイド配糖体を含み、腫瘍壊死因子の産生を阻害する働きにより抗炎症・抗アレルギー作用をもたらします。抗菌作用目的でも配合されます。

48ハトムギ種子エキス

ハトムギの種の部分から抽出されたヨクイニンエキスです。優れた抗炎症作用、イボ取り効果、排膿作用などがあります。化粧品では、肌の再生効果、肌荒れを防止したり、抗炎症目的で配合されます。

49ローズマリー葉エキス

抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。ローズマリーは天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。

50チロシン

51サボンソウ葉エキス

52フユムシナツクサタケエキス

53イノシン酸2Na

54グアニル酸2Na

きのこ類の旨味成分として知られるグアニル酸。化粧品では保湿作用を付与します。

55ローズマリー葉油

1,8-シオネール含有のシソ科植物エキスです。血行促進や、芳香による頭脳のリフレッシュ効果などが期待されます。

56ユーカリ油

57ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。

58ニオイテンジクアオイ油

フクロソウ科ニオイテンジクアオイ、通称ゼラニウムと呼ばれるエッセンシャルオイルです。ミント様の甘くて重めの香りが特徴です。ローズの香り成分と似た組成で、抗うつ作用、抗菌・鎮痛作用などを与えます。

59パチョリ油

60ベチベル根油

61イランイラン花油

62セージ油

63ニュウコウジュ油

64ウイキョウ果実油

65カラメル

メーカーの紹介文

40代以降、髪と頭皮は急激に変化していきますその変化に合わせて、ヘアケアも使い分けてあげると、健康的で美しい素髪を育むことができます。
ACシリーズは、そんな髪や頭皮の状態をケアできるシリーズ。
「毛髪」、「頭皮表面」、「頭皮内部」、「毛包」へダイレクトにアプローチ。
4つのエリアに合わせて働きかけます。

ヴィアルーチェ スカルプシャンプーACの関連商品

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。