アビスタ エイジングケアシャンプー(2019)の解析結果

アビスタ エイジングケアシャンプー(2019)

総合順位

294

総合得点 5点満点

3.21
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
5162020
  • アビスタ エイジングケアシャンプー(2019)の詳細情報
  • 株式会社 Z.E.Tの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 7291
  • [容量] 300ml
  • [参考価格] 3500円
  • [1mlあたり] 約 11.67円
アビスタ エイジングケアシャンプー(2019)解析チャート

アビスタ エイジングケアシャンプー(2019)の解説

パッケージはゴージャスに、中身は・・?

あれ?前のほうがよかった?

リニューアルで容器は大幅にグレードアップしたデザインに。素晴らしい外観を手に入れたアビスタシャンプーですが、中身の方も様子が変わっています。

植物由来エキスが多いのは変わりませんが、何か質が下がっているような気も。

洗浄剤は変わらずアミノ酸系ですが、アミノ酸系の中でも少しオーソドックスなものに変わった印象があります。

ココイル加水分解ダイズタンパクKのような質の高い系も添加されていますが、本当に添加という形で微量配合。影響力が少し下がったような感じがします。

そして、自慢の植物エキス類のチョイスも少し変わって、何か当たり障りないものに変わってしまったような印象。頭皮ケア能力が以前のもののほうがはっきりと利点が多かったように思います。

カチオン界面活性剤のデメリットもより大きく?

ベヘントリモニウムクロリド入りです。影響力こそさほど大きい存在感ではありませんが、手っ取り早くさらさらにする効果と引き換えに、肌へのタンパク変性作用が懸念されます。

防腐剤などをカプリリルグリコールなどの界面活性剤にまかせてマイルド処方にしている意味がなくなるような、カチオン界面活性剤の存在感ですね。

どことなく個性が薄くなった?

外観に力を入れすぎたのか、中身はアビスタらしい個性が少し薄まった印象を受けます。

決定的な欠点はないものの、植物エキス多めの普通のアミノ酸系になってしまったような気がしますね。

使用感はそこそこ悪くないですし、コンディショニング効果も感じられますが前ほどメリットが多くありませんし、コンディショニング効果自体も中途半端。

植物エキスの整肌作用あたりはさすがに充実しています。リンゴ果実培養細胞エキスも配合がありますね。

しかし、抜群に何かに効果がある、というような個性が薄く、ふんわりした効能の集まりだと認識したほうが良さそう。

決して悪くはないのですが、普通になっちゃった感というのは否めません。

オレンジの果皮から得たオイルで、ビタミンA,B,C,Eやフラボノイドなどを含有し、美白作用、殺菌作用、整肌作用などを付与する。また、脱脂力も有するのでクレンジングの助剤として使われることも。原液でなければさほど心配いらないが、光毒性を僅かに持つためにその点は注意が必要。
オレンジ油
ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。
ベヘントリモニウムクロリド
・リンゴ果実培養細胞エキスは肌の「幹細胞」の寿命を延ばし、また新しい細胞の生成を促進する効果が認証されているアンチエイジング成分。
リンゴ果実培養細胞エキス
・ホップエキスは抗酸化作用、抗菌作用、女性ホルモン様作用による育毛効果。また、メラノサイトを活性化させる作用があり、白髪の予防も期待されます。
ホップエキス
キク科アルニカの花から得たエキス。フラボノイド、カロチノイドなどの抗酸化成分や、タンニンの収れん作用、また抗炎症作用などを付与されます。
アルニカ花エキス
セリ科オランダカラシから得たエキス。辛味配糖体シニグリン(ミロン酸カリウム)やビタミン類を含み、血行促進作用、抗菌作用、発毛・皮膚細胞活性化作用があるとされます。
オランダカラシエキス
牛蒡の根から抽出。抗炎症・血行促進作用を付与します。
ゴボウ根エキス
とても根が深く伸びる杉菜のエキス。収斂・抗菌・抗炎症作用を付与します。
スギナエキス
ウコギ科西洋木蔦から得たエキスです。サポニン、フラボノイドを含み、抗炎症・抗菌・抗酸化作用・清浄作用を付与します。
セイヨウキズタエキス
キク科カミツレモドキ科植物の花から得たエキス。抗菌・消炎・血行促進作用などを付与。
ローマカミツレ花エキス
オレンジ果汁
レモン果汁
グレープフルーツ果実エキス
アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。
アルガニアスピノサ核油
・サンザシエキスはバラ科サンザシの花、葉、実抽出エキス。フラボノイド、ビタミンCを多く含有し、保湿、美白、収れん作用を与えます。
サンザシエキス
ユリ科ニンニクのエキスです。高い抗菌作用と血行促進作用をプラスします。
ニンニクエキス
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。
コカミドDEA
シソ科オドリコソウから抽出したエキス。カテキン型タンニンやフラボノイドを含み、収れん作用や抗炎症作用に優れます。
オドリコソウ花エキス
西洋赤松の球果から抽出したエキスで、血行促進、抗炎症、収れん作用などを付与。
セイヨウアカマツ球果エキス
トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。
ベタイン
塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。
ポリクオタニウム-10
シソ科常緑樹ローズマリーの葉から得たエキスです。精油としてもおなじみですが、フラボノイド、タンニン、フラボノイド類などを含みます。抗菌作用・抗炎症作用・収れん作用を付与します。
ローズマリーエキス
両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。
コカミドプロピルベタイン
低刺激性シャンプーに幅広く使用されます。適度な洗浄力と脱脂力を有しており、しっとりした洗い上がり。ベビーシャンプー並の低刺激性とバランスの良い使用感・泡質が特徴。
ココイルメチルアラニンNa
シソ科ローズマリーから抽出したエッセンシャルオイルです。精神を高揚させる作用や、集中力アップ、育毛効果などがあると言われています。
ローズマリー油
ダイズステロール
炭素数3のグリコールです。異性体にプロピレングリコールがあります。抗菌・保湿剤として用いられ、安全性が高いと言われていますが、実は天然由来を謳うわりにBGやPGとさほど危険性は変わらない可能性があると言われている。
プロパンジオール
ツバキ油
ソメイヨシノの葉から抽出したエキス。美白作用があるとされ、抗酸化作用に優れます。
サクラ葉エキス
ノバラ油
リンゴエキス
リンゴ種子油

前のが良かった気がする



これとて悪くはないが、超オススメというレベルではなし。

販売元による宣伝文

艶やかな髪は頭皮のケアから
健康で美しい髪の毛を育てる上で着目したいのが頭皮環境。
土壌が良くないと良い作物が育たないのと同様に、頭皮環境が良くないと艶やかな髪も育ちません。そして頭皮ケアの中で最も大切なのが毎日のシャンプーです。

100%天然由来成分
アビスタ エイジングケアシャンプーは、6つの無添加(シリコン・保存料・防腐剤・合成香料・合成着色料・鉱物油)で、100%天然由来成分からつくられているとは思えない洗い心地。

髪と頭皮に優しいアミノ酸シャンプー
シャンプーの質を決める洗浄成分に、髪や頭皮と同じアミノ酸の洗浄成分を贅沢に使用。アミノ酸系の洗浄成分は、わたしたちの髪や頭皮が本来持っているうるおいを残しつつ、優しく汚れを落とすので、自然なハリコシ感とツヤを引き出して、ふんわり綺麗に仕上げます。

頭皮の角質や汚れを取る新成分を配合
フルーツ酸により代謝遅れた頭皮角質を除去
フルーツ酸を配合することにより、代謝の遅れた頭皮角質(エイジング角質)を柔軟にして取り除くピーリング効果が期待できます。
また、天然オレンジ油(リモネン)配合により頭皮脂・毛穴の奥に詰まった汚れを取り除き、頭皮の古い角質を除去することで潤った頭皮環境に。ハリ・コシがある潤って艶やかな髪を育てます。

美容成分を贅沢に配合
さらに頭皮を健やかに整える甘草由来のエキスや、ヒアルロン酸を超える保湿力の白 きくらげのエキスなど、シャンプーだけで31種類もの美容成分を配合しているので、美容成分が髪の芯まで浸透して、なめらかで光沢のある洗い上がりに。

また、山椒やニンニク、ゴボウなどのスカルプケアエッセンスもふんだんに配合し、マッサージによる血行促進をサポートします。

短めのヘアスタイルの方や、カラーをしていないバージンヘアの方の場合、シャンプーを泡だてたあと、3分ほど放置する泡パックを行えば、コンディショナーいらずのオールインワンシャンプーとしてもお使いいただけます。

アビスタ エイジングケアシャンプー(2019)の解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。