DHC 薬用Qローションの解析結果

総合順位

39

総合得点 5点満点

2.85
  • 販売元株式会社ディーエイチシー
  • 英名DHC Corporation
  • 郵便番号〒1068571
  • 住所:東京都港区南麻布2丁目7番1号
  • 電話番号0334575311
  • メール
  • web公式サイト
成分数エキス系特効ダメ
26000
  • DHC 薬用Qローションの詳細情報
  • 株式会社DHCの関連商品
  • [JANコード] 4511413516256
  • [商品ID] 6053
  • [容量] 160ml
  • [参考価格] 2898円
  • [1mlあたり] 約 18.11円
素材 
2.8
安全性
4.8
コスパ 
4.5
環境 
3.2
潤滑性
2.8
頭皮改善 
3.1
ツヤ 
2.4
持続性
2.6
感触 
3.5
アンチエイジング
2.7
美白
3

DHC 薬用Qローションの解説

単なる化粧水という以上のメリットをいくつか見ることができます。

肌を保護するキトサンをはじめ、天然界面活性剤レシチンや抗酸化素材、アセチル化グルコサミンなど、

ローションとしては豪華といえる素材を並べた一品です。

肌を整え、炎症を沈め、保湿して、といったオーソドックスな機能はもちろん、



それ以上の美白、持続性保湿、コーティング、抗菌などの効果を一本で得ることが可能です。



少々値段が張るだけの価値が確かに内包されていると見ていいでしょう。



一段上の化粧水です。

DHC 薬用Qローションの全成分

1

2BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4ソルビトール

5ペンチレングリコール

1,2-ペンタンジオールとも呼ばれます。グリセリンとも近い多価アルコールというカテゴリの成分で、BGよりも低濃度で必要な殺菌性を得ることができるため、比較的安全性を売りにする製品に採用される傾向があるようです。また、さらっとしたベタつきのない使用感も特徴。

6フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

7ユビキノン

コエンザイムQ10のことです。化粧品として肌に塗布する、という使用法ではこれといって有効性が乏しい素材です。

8アセチルグルコサミン

ヒアルロン酸の生成を促進する作用があり、膝関節をスムーズに動かす体の成分としても有名です。グルコサミン塩よりも約3倍ほど効率よく吸収されるアセチル化グルコサミンです。

9セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

10クエン酸ナトリウム

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

11パーム油

12(カプリル酸/カプリン酸)トリグリセリド

13ポリグルセリル-10オレイン酸塩

14ポリグルセリル-10ステアリン酸塩

15グリチルリチン酸ジカリウム

細胞レベルで抗炎症作用をもたらす甘草由来の素材。また、白血球内の免疫細胞を強化する働きもあるとされています。

16リゾレシチン

天然の界面活性剤であり、酵素を利用して低分子化し経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合されます。

17アラントイン

別名で5-ウレイドヒダントイン、グリオキシジウレイドとも呼ばれる、抗炎症・抗刺激作用を有する成分。アルカリ性中では分解してしまうため、弱酸性下でしか使えません。牛の羊膜から発見された代謝中間体成分ですが、うじ虫の体液にも多く含まれ、壊死した細胞を取り除き、新しい細胞の生成を促進する作用などがある。

18クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

19マグネシウムアスコビル燐酸塩

20ヒアルロン酸ナトリウム

21カルボキシメチルキトサンサクシナミド

キトサン誘導体。人工皮膚にも使われる素材で、髪や肌に吸着しやすく保護・抗菌作用などを付与する。

22可溶性コラーゲン

23水添レシチン

大豆リン脂質もしくは卵黄リン脂質に水素を添加した形。天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

24胎盤タンパク

25PEG-60水添ヒマシ油

可溶化を目的に配合。低刺激。水系での透明処方に適す。

26酢酸トコフェロール

ビタミンE誘導体。化粧品中の油分が酸化するのを防止したり、肌に対しては抗酸化作用・血行促進作用を付与することが期待される油溶性ビタミン。

販売元による宣伝文

しっとりとした使用感で、もちもちとした美肌へと導きます。

DHC 薬用Qローションの関連商品

【最大P7倍+400pt開催中】【送料無料】【DHC直販】高い保湿力で加齢や紫外線の影響から肌を守り、若々しくもちもちの肌へと導く薬用化粧水 DHC薬用Qローション(医薬部外品/160mL)
楽天でDHC 薬用Qローションを買う

DHC 薬用Qローションを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。