ウカ(uka) uka フォーメン GT シャンプーの解析結果 | シャンプー解析ドットコム 

ウカ(uka) uka フォーメン GT シャンプーの解析結果

販売開始から 2年9ヵ月13日
向原商事 ウカ(uka) uka フォーメン GT シャンプーをAmazonアマゾンで購入
楽天rakutenで購入
総合点1.6
2760個中1846位
品質0.7 %
成分数56
1mlあたり22.4円 %
安全性2.8 %
エキス類8
詳細情報
  • ウカ(uka) uka フォーメン GT シャンプーの詳細情報
  • [発売日]20200619
  • [JANコード] 4582328104920
  • [ランキング] 1846位 2760個中/
  • [ポイント(5点中)] 1.6点
  • [ジャンル] S
  • [容量] 200ml
  • [参考価格] 4480円
  • [1mlあたり] 約 22.4円
  • [商品ID] 8530
  • [ASIN] B08BHHRQB6
  • [商品サイズ] 14.6x4.9x4.9
  • [商品重量] 230g
  • [成分数]56
  • [洗浄剤数]4
  • [エキス類]8
  • [特に優れた成分]1
  • [要注意成分]0
販売元による宣伝文
女性より皮脂の分泌が多い男性の頭皮。 アミノ酸と良質な植物由来の界面活性剤が、きめ細かく軽い泡立ちでベトつきをしっかりと落とします。 ニンジンエキス(整肌)、センブリエキス(整肌)が頭皮を健やかに保ち、しなやかな毛髪へ導きます。一本で、頭皮からケアできるトリートメントいらずのオールインワンのシャンプー。

ウカ(uka) uka フォーメン GT シャンプー解析チャート

ウカ(uka) uka フォーメン GT シャンプーの解説

概要

ジャンル:シャンプー

GTもEも課題は変わらず?

ukaシャンプーのGT。もう1つのEタイプとの違いは、精油のバリエーションが大きく変わっている、くらいで概ね構成は変わりません。

ということは、メリットもデメリットも同じということ。

どんなメリットがある?

アミノ酸系シャンプーであり、植物エキスが頭皮に活力を与え、精油の香りが作用し、潤いと滑りを残すシャンプーです。

いわゆるスカルプケアシャンプーと言えますが、ある一点においてこのシャンプーの性質が大きく蛇行を始めているのが気になるところ。

デメリットは?

ある欠点、それは4カチ(4級カチオン界面活性剤)ベヘントリモニウムクロリド配合という点。

4カチは高いダメージカバー効果があり、速やかにサラサラな感触へ整えます。ただし、タンパク変性作用が強く、ハゲるというデメリットがあります。

これは大げさではなく、0.1%配合で脱毛剤として製品化されていることからも明らかです。

配合量が少ないから絶対安心、とは絶対言い切れません。むしろ、十分にリスクがあると見たほうが無難です。

それであるならば、植物エキスなどのメリットは相殺される形となり、結果的に平凡なシャンプーなのに4000円オーバーという見方もできてしまいます。

まとめ

返す返すも4カチが余計だな、というのが感想です。

女性のロングヘアーならいざしらず、男性用のスカルプケアシャンプーにはまったく不要であると言っていい要素です。

あれもこれも、と欲張るとこうなる見本のようなシャンプー。モノは決して悪くないだけに、スカルプケアにこだわり抜いていれば結果はまったく違ったものに・・。

向原商事 ウカ(uka) uka フォーメン GT シャンプーをAmazonアマゾンで購入
一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。
コカミドメチルMEA
ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。
ベヘントリモニウムクロリド
・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。全ての化粧品に対して、安息香酸Al、安息香酸Naなどの安息香酸塩類の合計量は100g中に1.0gまで。
安息香酸Na
両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。
ラウラミドプロピルベタイン
・ウメ果実エキスはメイラード反応(肌の糖化)を抑制する働きがあり、肌の老化、くすみを抑制する効果を付与。
ウメ果実エキス
抗酸化作用、抗アレルギー作用、収れん作用、脂肪分解作用、免疫増強作用。また、抗AGEs(抗糖化)作用があることもわかった。
シャクヤク根エキス
抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。
ローズマリー葉エキス
漢方薬の地黄(ジオウ)として知られているエキスです。ゴマノハグサ科の植物で、皮膚細胞賦活作用、血流促進、保湿効果などを付与します。
アカヤジオウ根エキス
リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。
センブリエキス
アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。
アルガニアスピノサ核油
塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。
ポリクオタニウム-7
殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。
エタノール
エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。
イソプロパノール
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
グアーガムに塩化グリシジルトリメチルアンモニウムを付加した4級アンモニウム塩。毛髪保護剤ですが、あまり効果が高くありません。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド
両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。
コカミドプロピルベタイン
ダイズステロール
炭素数3のグリコールです。異性体にプロピレングリコールがあります。抗菌・保湿剤として用いられ、安全性が高いと言われていますが、実は天然由来を謳うわりにBGやPGとさほど危険性は変わらない可能性があると言われている。
プロパンジオール
フラボノイド配糖体(イソフラボン)を含み、女性ホルモン様作用を付与することで育毛効果を付与。
ヒオウギエキス
ショウキョウと呼ばれ、エラスチン保護、血流改善による肌のハリを保つ効果。
ショウガ根油
プチグレン油とも呼ばれます。ミカン科ビターオレンジの葉枝から得たエキス。温和な抗菌作用や芳香が特徴です。
ビターオレンジ葉/枝油