シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
h&s(エイチ・アンド・エス) ヘッドスパ リフレッシュシャンプー
(P&G
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

h&s(エイチ・アンド・エス) ヘッドスパ リフレッシュシャンプー

P&G


h&s(エイチ・アンド・エス) ヘッドスパ リフレッシュシャンプー のオススメレベル

h&s(エイチ・アンド・エス) ヘッドスパ リフレッシュシャンプー の解析結果

最低ランクのダメっぷり。

H&Sのヘッドスパシャンプーということですが、普通のH&Sとほとんど変わりないダメシャンプーです。
ラウレス硫酸、ラウリル硫酸にジメチコン、セタノールというどうしようもないベースで構成。
ヘッドスパとはよく言ったものです。
地肌ストレスをケアし? 冗談がきついです。
根元から美しい髪を育て? 逆でしょう。
乾燥やかゆみを防ぐ? 乾燥やかゆみを発生させるの間違いでは?

とにかく強力な脱脂力、そう感じさせないためのシリコン、油性成分どさーのダメシャンプー典型です。
地力あるメーカーなのだからもっといいものを作っても良さそうなものですが。


[PR]

h&s(エイチ・アンド・エス) ヘッドスパ リフレッシュシャンプー の全成分:

有効成分:ジンクピリチオン液
・その他の成分:ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム液、ラウリル硫酸アンモニウム、塩化ナトリウム、ジステアリン酸エチレングリコール、高重合メチルポリシロキサン(1)、セタノール、ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド、香料、塩化0-(2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル)グァーガム、クエン酸Na、α-オレフィンオリコマー、安息香酸ナトリウム、トリ(カプリル・カプリン酸)トリメチロールプロパン、無水クエン酸、ベンジルアルコール、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン液、キシレンスルホン酸アンモニウム液、精製水

主な成分の解説をみるジンクピリチオンは有機亜鉛錯体で、抗菌作用や防腐剤として使われる。主に、抗フケ剤として化粧品に用いられる。
ラウリル硫酸アンモニウムは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
塩化Naはアニオン界面活性剤の増粘剤として添加されます。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
セタノールはセチルアルコールとも呼ばれるパーム・ヤシ油由来の飽和高級脂肪酸(要するに、脂です)。乳化物の安定性を高める効果が優れ、過脂肪剤、油性基剤として用いられます。
α-オレフィンオリゴマーは無色透明の合成炭化水素。感触がスクワランと似ている油性成分。
安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。
トリ(カプリル/カプリン酸)トリメチロールプロパンは保湿作用を与える閉塞剤。

    h&s(エイチ・アンド・エス) ヘッドスパ リフレッシュシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.1

  • 素材の品質:1
  • 安全性:1
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1
  • 費用対効果:1

  • 容量/530ml
  • 価格/950円
  • 1mlあたり/1.79円

h&s(エイチ・アンド・エス) ヘッドスパ リフレッシュシャンプー の宣伝文,商品説明:

地肌をうるおいでみたし、根本から美しい髪へと導く薬用シャンプーです。
ジンクピリチオン液を配合し、地肌のうるおいをキープし、乾燥やかゆみなどの地肌ストレスを防ぎます。
やさしくマッサージしながらヘッドスパ。
凛とした落ち着きを感じるヒーリングフローラルの香りに包まれます。
地肌ストレスをケアし、根本から美しい髪を育みます。
医薬部外品。

[PR]
h&s(エイチ・アンド・エス) ヘッドスパ リフレッシュシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム