プリュスオー ハイドロミストの解析結果

プリュスオー ハイドロミスト

総合順位

14

総合得点 5点満点

4.07
成分数エキス系特効ダメ
62260

プリュスオー ハイドロミスト解析チャート

プリュスオー ハイドロミストの解説

かなり優秀なエアミストだが、わずかに危険性も。

浸透性や即効性、補修力保湿力、潤滑性など、 およそ必要とされる機能を満載にしたような構成です。 持続性が高く使用感に直結する展延性も良く、 髪を強化することに関しては申し分ないクオリティを持っていると言える内容です。



ただし欠点がないわけではありません。洗い流さないトリートメントとしては、4級カチオン界面活性剤を含む影響で肌の安全性がやや不安視されます。一般的なコンディショナーと比べれば配合量はわずかですが、洗い流さない製品であるという点でリスクがより重視されるカテゴリーですので、肌につけたまま放置するのは危険であると見るべき。



うまく髪にだけつけて、ずっと肌に接触しない状態であれば申し分ありませんが、その辺りのリスクは留意しておく必要がありそう。



極めて機能的でさまざまな効果を併せ持つヘアミストですが、トリートメント効果として最上級というほどではなく、その少し下という印象です。言い換えればトップレベルに近い性能とも言えますが、前述の陽イオン界面活性剤や、陰イオン界面活性剤も含まれるなど、若干仕上がりの皮膜形成が残留性を帯びる可能性があるなどの不安があります。細かい話になりますが、繰り返し使っていった場合に問題になる可能性があるということです。



それらを踏まえても、基本的にかなり優秀なタイプの製品であることは間違いありませんので、大げさに言えばこの製品を使った後すすいでしまう(普通のトリートメントのように流す)ような使い方をしても十分メリットが髪に残るであろう製品といえますので、上手に扱うことができればよい戦力となりうるでしょう。

お値段も良心的で悪くないと言えます。

髪への補修力や保湿効果、潤滑性などは申し分ない。



ただ即効性を求めすぎてややリスクが見受けられる




プリュスオー ハイドロミストの全成分

1

2グリセリン

3エタノール

4水添レシチン

5ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

6クオタニウム-33

7セラミド2

8ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

9コメヌカスフィンゴ糖脂質

10ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

11ヒアルロン酸Na

12ヒドロキシプロピルキトサン

13(加水分解シルク/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー

14加水分解シルク

15加水分解ケラチン(羊毛)

16γ-ドコサラクトン

17乳酸Na

18ザクロ果実エキス

19アルガニアスピノサ核油

20加水分解バオバブ葉エキス

21メドウフォーム-δ-ラクトン

22(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー

23クオタニウム-18

24ココイルアルギニンエチルPCA

25ベヘントリモニウムクロリド

26ダイズステロール

27フィトステロールズ

28クエン酸

29クエン酸Na

30タウリン

31リシンHCI

32グルタミン酸

33グリシン

34ロイシン

35ヒスチジンHCI

36セリン

37バリン

38アスパラギン酸Na

39トレオニン

40アラニン

41イソロイシン

42アラントイン

43フェニルアラニン

44アルギニン

45プロリン

46グルコシルルチン

47リゾレシチン

48チロシン

49イノシン酸2Na

50グアニル酸2Na

51ココイルグルタミン酸Na

521,2-ヘキサンジオール

53ラウリン酸ポリグリセリルー10

54カルボマー

55ステアルトリモニウムクロリド

56BG

57トコフェロール

58PEG-20ソルビタンココエート

59メチルパラベン

60イソプロパノール

61プロパンジオール

62フェノキシエタノール

販売元による宣伝文

毎日のシャンプー直後に使用いただくことで髪に潤いとツヤを与えます。
本品に含む補修、保護成分によるケアだけでなく素早く浸透するペリセアが潤いバランスを整えることでその後のトリートメントの浸透力も高めます。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。