イオニコ プレミアムイオン シルキースリークシャンプーの解析結果 | シャンプー解析ドットコム 

イオニコ プレミアムイオン シルキースリークシャンプーの解析結果

ランク:273位 ポイント:3.37 1mlあたり:3.42円
  • イオニコ プレミアムイオン シルキースリークシャンプーの詳細情報
  • ビジナルの関連商品はこちら
  • [JANコード] 4573492151384
  • [ランキング] 273位
  • [ポイント(5点中)] 3.37点
  • [ジャンル] S
  • [容量] 450ml
  • [参考価格] 1540円
  • [1mlあたり] 約 3.42円
  • [商品ID] 7977
  • [成分数]52
  • [洗浄剤数]5
  • [エキス類]6
  • [特に優れた成分]4
  • [要注意成分]0

販売元による宣伝文

●プラスイオンとマイナスイオン帯電子を配合したイオニコ。
●傷みやゆがんだ髪のキューティクル部分を包み込むノンシリコンアミノ酸系シャンプー。
●毛髪のキューティクルと髪表面のイオンバランスを整えることにより雨の日の湿気が気になりにくい毛先までスルンと素直な指通りにととのえます。
●ミュゲ&リリーの香り。

イオニコ プレミアムイオン シルキースリークシャンプー解析チャート

イオニコ プレミアムイオン シルキースリークシャンプーの解説

成分の数が多い=良いシャンプー、というわけでは決してありません。むしろ、今まで見てきた肌感では成分数が多いほど難易度が上がるようにも思います。

そんな中で、まれに良質なものもあるんですね。このシャンプーのように。

優れた複雑さ

実に成分数の多いシャンプーとなっていますが、内容は見るに値するものとなっています。
アミノ酸系の洗浄剤ですが、それ以上にバランスを重視した構成で好印象を与えています。

ラウロイルメチルアラニンNa+スルホコハク酸パレス-2Naで泡立ちと泡切れの良いさっぱりした使用感を実現。洗浄力は適度。ここに両性界面活性剤とペリセア(ジラウロイルグルタミン酸リシンNa)をミックス。ペリセアは10秒で髪の内部に到達する超速浸透補修素材。さらに、洗浄剤の刺激を緩和したり、コーティング作用を付与するなど役割は多岐にわたります。

しっかり洗えるわりに、低刺激で機能的。さらに、非イオン界面活性剤によるさらなる低刺激化や潤滑性アップ、泡立ちの改善などを加え、コンディショニング効果もバランス良く織り込むことに成功しています。
コンディショニング効果といえば、ゼイン、セラミド、ケラチン類、ヘマチン、キトサン、18-MEAの配合もあり、もはやヘアケア性能もトリートメントの域に達する勢い。

加えてアカツメクサ花エキス+ヘマチンの育毛効果もあり。ペリセア+セラミドなどによるスキンケアという働きも美容液のように働くでしょうし、いかに様々な複雑さを内包しているかがおわかりいただけるでしょうか。

素材からするとコスパすごい

これだけの素材が一堂に会し、それでいてこのコスパ(450ml/1540円)というのは驚異的。

洗浄剤の部分だけでも十分元を取れる程度には性能がよく、さらに分厚いコンディショニング効果、安全性の向上などが折り重なるわけですから、お得と言うより他ないですよね。

欠点はない?

コスパよし、性能もよし、期待値高いシャンプーということに異論はありません。

しかし、欠点は何もないのでしょうか。

もちろん、人によっては合わない可能性も否定できません。

まず、高いコンディショニング効果があるゆえに、さっぱり感が損なわれるということ。洗浄剤はさっぱり系、とお伝えしましたが、重厚な脇役たちによるヘアケア効果により、実際の仕上がりはしっとりした感触になる傾向にあると思われます。

このしっとり感がだめ、という可能性はあるので、例えば石けんのようなさっぱり感を求めているならNGです。いわゆるリンスインシャンプー系の感触が好きならOKでしょう。

それに、様々な素材が配合されている=肌に合わない素材がある可能性もあるという懸念も出てきます。

偶然、どれかの成分にアレルギーがあるとか、すすぎが不得意な方にとっては少し残留感が出てしまうなど、使い方によっても満足度が変わりやすい、特定の成分に強い反応が出るなどの可能性も。

あまり気にしすぎる必要はないと思いますが、基本的にコンディショニング効果の高いシャンプーはよくすすぐに限ります。よくすすいでも、品質のよいコンディショニング成分はしっかり残ってくれます。

利点はやはりヘアケア効果

このシャンプーのメリットは間違いなくヘアケア効果です。ダメージ部に選択的に吸着し、かつ浸透性が高く、その効果をブーストしてくれる成分もあり、髪の外側もつややかにコーティング。
シャンプーでこれだけの芸当ができるものはあまり多くありません。しかも、この値段で。

蓄積して繰り返しの使用で質感を悪化させるタイプでもありませんし、環境にもわりとやさしいタイプですね。ダメージヘアに悩む方には明らかに数段上の結果をもたらしてくれるシャンプーとなり得る存在だと思います。

もっと上があるといえばありますが、この値段以内ではかなり上質な部類といえるシャンプーです。

    

IONICO Premium Ionic Silky Sleek Shampoo

More ingredients does not necessarily mean a better shampoo. In fact, from what I've seen so far, the more ingredients you have, the more difficult it gets.

However, there are some good shampoos out there. For example, this shampoo.

Excellent complexity

This is a shampoo with a lot of ingredients, but the contents are worth looking at.
It is an amino acid-based cleanser, but more than that, it has a balanced composition that gives a good impression.

Sodium Lauroyl Methylalanine + Palate-2Na Sulfosuccinate provides a refreshing feel with good lathering and rinsing. The cleaning power is moderate. Amphoteric surfactant and Perisea (sodium dilauroyl glutamate lysine) are mixed here. Pericea is an ultra-fast penetrating repair material that reaches the inside of the hair in 10 seconds. It also plays a variety of roles, such as easing the irritation of detergents and providing a coating effect.

It is functional and hypoallergenic even though it washes well. In addition, we have succeeded in incorporating well-balanced conditioning effects by adding non-ionic surfactants to further reduce irritation, increase lubricity, and improve foaming. Speaking of conditioning effects, it also contains zein, ceramide, keratins, hematin, chitosan, and 18-MEA, making its hair care performance reach the level of a treatment.

In addition, red clover flower extract and hematine have hair growth effects. The skin care function of pericea and ceramide will also work like a serum, and you can see how it contains various complexities.

The cost is amazing considering the ingredients.

It's amazing to see all these ingredients in one place, and yet the price is so low (450ml/1540yen).

The detergent alone is good enough to pay for itself, and the combination of thicker conditioning effects and improved safety makes it a bargain.

Are there any drawbacks?

There's no arguing that it's a great shampoo with high expectations.

But does it have any drawbacks?

Of course, we can't deny that it may not suit some people.

First of all, because it has a high conditioning effect, you may lose the refreshing feeling. Although I mentioned that the detergent is refreshing, the actual finish tends to be moist due to the hair care effects of the heavy supporting ingredients.

There is a possibility that this moist feeling is not good for you, so if you are looking for a refreshing feeling like soap, this is not the product for you. If you like the feel of a so-called rinse-in shampoo, it will be OK.

Also, there is a possibility that some of the ingredients in the product may not be suitable for your skin.

It could be that you happen to be allergic to any of the ingredients, or that it leaves a bit of a residue for those who are not good at rinsing, etc. Satisfaction is likely to vary depending on how you use it, or if you have a strong reaction to certain ingredients.

I don't think you need to worry too much about it, but basically, shampoos with high conditioning effects should be rinsed well. The advantage is that you can still get good quality conditioning ingredients even if you rinse well.

Advantages are still hair care effects

The advantage of this shampoo is definitely the hair care effect. It selectively targets damaged areas, penetrates well, has ingredients that boost its effectiveness, and coats the outside of the hair to make it shiny.
There are not many shampoos that can do this. And at this price.

It's not the type that will build up and worsen the texture with repeated use, and it's also rather eco-friendly. For those who suffer from damaged hair, this shampoo is clearly a step above the rest.

It's a great shampoo for those who suffer from damaged hair.

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
お化粧のクレンジング剤として頻出。W洗顔不要タイプの製品に使われるように、水がある環境でもクレンジング効果を発揮し、高い洗浄力を与えます。脱脂するので、肌のアフターケアが必要となります。シャンプーに少量含まれる場合は加脂剤、つまりコンディショニング効果を目的として配合されたりします。
ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル
保湿・吸湿性を持つ滑らかな感触を残す特徴。ビタミン・ミネラル・アミノ酸・抗菌成分など180種類以上の成分を含む美容効果にうれしい成分でもあります。
ハチミツ
・カチオン化ケラチン配合で髪の強度をやや向上させます。
ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン
主に豚の血液中のヘモグロビンからグロビンを分離したもの。髪のケラチンへの強い結合力により、毛髪補強,脱毛の抑制,活性酸素除去,チオグリコール酸(パーマ)臭除去,染毛促進など、幅広い有効性を与える。近年、過酸化水素の除去能が白髪の抑制に役立つ可能性も取り沙汰されている。
ヘマチン
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。全ての化粧品に対して、安息香酸Al、安息香酸Naなどの安息香酸塩類の合計量は100g中に1.0gまで。
安息香酸Na
両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。
ラウラミドプロピルベタイン
シソ科ラベンダーのエキスです。タンニン、リモネン、リナロールなどを含みます。ラベンダー独特の芳香と、収れん作用、抗菌作用を付与する。
ラベンダー花エキス
抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。
ローズマリー葉エキス
ミカン科植物、別名オウバクエキス。アルカロイド類、フラボノイドを含有し、抗菌、抗炎症作用に優れています。
キハダ樹皮エキス
シソ科セージの葉抽出エキス。抗菌作用、血行促進作用、収れん作用などを与えます。
セージ葉エキス
キャピキシル素材の1つです。男性ホルモン由来DHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す「5αリダクターゼ」にはⅠ型・Ⅱ型があり、特にⅡ型がより脱毛に影響を与えているとされている。アカツメクサ花エキスは、Ⅰ型だけでなくⅡ型の抑制効果があり、男性型脱毛に非常に効果が期待される。
アカツメクサ花エキス
殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。
エタノール
コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。
コカミドDEA
アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。
ラウロイルメチルアラニンNa
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。
ポリクオタニウム-10
加水分解ケラチン
両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。
コカミドプロピルベタイン
泡立ちの良さが特徴で、やや肌刺激性が低く、環境にも分解し易いタイプです。脱脂力はそれほど高くなく、さっぱりした仕上がりに。
スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na
多糖類に分類される物質です。創傷被覆材にも使われる素材です。強靭で柔軟性のある皮膜を形成し、抗菌作用も期待できる質の高い素材です。皮膚再生を促進する作用も。
キトサン
ケラチン(羊毛)