トリートメントスパオブヘア・S2-Va スタンダードサイズ (バニラの香り)の解析結果

カイセキストア+で購入

総合順位

10

総合得点 5点満点

4.09
  • 販売元株式会社 オブ・コスメティックス
  • 英名Ofcosmetics
  • 郵便番号〒1040061
  • 住所:東京都中央区銀座6-3-2ギャラリーセンタービル3F
  • 電話番号0362746621
  • メール
  • web公式サイト
成分数エキス系特効ダメ
41540
トリートメントスパオブヘア・S2-Va スタンダードサイズ (バニラの香り)解析チャート

トリートメントスパオブヘア・S2-Va スタンダードサイズ (バニラの香り)の解説

ツヤと潤滑性、キレッキレの仕上がり。

カラーリングの後にも嬉しい退色防止効果が高いミリスチン酸PPG-3ベンジルエーテルがベースに据えられ、蓄積しづらく、毎回均一で美しいツヤを表現できるコーティング剤(加水分解シルク/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー配合。

18-MEA成分そのものである分岐脂肪酸(C14-28)、脂肪酸(C14-28)がキューティクルを接着する役割をし、シリコンの代替としても使われるジヒドロキシプロピルアルギニンHClが圧倒的な潤滑性をもたらします。

リピジュア、セラキュート、クオタニウム-33などは何も主役級の保湿成分と言え、ココイルアルギニンエチルPCA(アミノ酸系カチオン界面活性剤)も含め。圧倒的な潤滑性を髪の表面にもたらす能力を持ったトリートメントと言えるでしょう。

ダメージ部分のカバーという意味では、カチオン化キトサンやヒアルロン酸の280倍の吸着力を持つヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムが一翼を担います。

美容効果という意味ではこちらも主役級といえるプリンセスケア(ヒメフウロエキス)やさくらエキス、ハス花エキスのホワイトニング効果なども含まれ、少し複雑に聞こえたかもしれませんが抜群に美しく見せるトリートメントであることに疑いの余地はありません。

髪に最大級の輝きをもたらしたい時に使うべきトリートメント

このトリートメントの処方の傾向から入って、髪に艶と圧倒的な潤滑性をもたらすのが得意という特徴がありますので、何としても髪を最高に美しく見せたいというときに使うスペシャルアイテムとして用意しておくと大変心強いでしょう。

ダメージを補修する、というより、圧倒的にツヤを出したい!というタイプです。

艶を出すための成分の最高峰が集められ、ある程度繰り返し使ってもビルドアップ=蓄積しづらい機能性も持っていますので、日常的に使っても問題はないです。使うたびに均一で美しい艶が再現され、シャンプーをすると綺麗に落とせる、という。優れた機能性が内包されているのです。

ただ単に重厚なつやを髪に乗せて、使うたびにビルドアップしてしまうのではツヤも感触も曇ったものになってしまいますが、このトリートメントスパオブヘアではそういったことは起きづらいでしょう。

最高級のツヤ、圧倒的な指通りを表現したい時に、。最高の選択肢のひとつと言えます。

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。
ステアルトリモニウムクロリド
・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。
メチルパラベン
ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。
ベヘントリモニウムクロリド
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
蓮の花から得たエキスはアルブチンの10倍のホワイトニング作用を持ちます。抗酸化作用が優れアンチエイジング効果を期待される成分です。
ハス花エキス
末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。
アモジメチコン
アルギニンのグリセリン誘導体と呼ばれる成分で、アルギニンの高い吸着力を活かして毛髪や皮膚に保湿効果を与える。潤滑性も優れ、ダメージ部の補修効果が高い。
ジヒドロキシプロピルアルギニンHCl
保湿、コラーゲン保護、抗炎症、抗シワ、皮膚弾力改善作用などを与えるプリンセスケアと呼ばれるエキス。
ヒメフウロエキス
メラニンの生成を抑制する作用、抗炎症・育毛・ヒスタミン遊離抑制作用などを付与します。
ソメイヨシノ葉エキス
オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。
ステアリルアルコール
コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。
セタノール
ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。
ジメチコン
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。
イソプロパノール
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
油溶性抗炎症成分です。
グリチルレチン酸ステアリル
キトサンのカチオン化誘導体。人工皮膚素材であるキトサンがダメージ部に選択的に吸着し、コーティング・制菌作用・ナチュラルな感触を付与するという有り難い素材です。質の向上に大きく寄与するでしょう。
キトサンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド
(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルクを加水分解テトラエトキシシランと加水分解アルキル(C6-10)トリエトキシシランの縮合物で架橋したもの。
(加水分解シルク/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー

トリートメントとして傑出した性能を誇る逸品の登場です。



これはずば抜けた結果を引き出す能力を持ちます。

販売元による宣伝文

様々な補修成分が、パーマ・カラーを繰り返したハイダメージの髪に多角的にアプローチをするスペシャルトリートメント。髪に輝くツヤを与え、なめらかな指通りに仕上げます。