シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ティモテ ピュア クレンジングシャンプー シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ティモテ ピュア クレンジングシャンプー

ユニリーバ

ティモテ ピュア クレンジングシャンプー シャンプー解析ドットコム

ティモテ ピュア クレンジングシャンプーの格付け

☆☆☆☆

皮膚刺激レベル
★★★
☆☆
しっとり感:X
さらさら感:△
ダメージ補修力:X
健康毛適性:X
さっぱり感:〇
ハリコシ補修度:X
1mlあたり1.8円
(ティモテ ピュア クレンジングシャンプー)500ml/943円

ティモテ ピュア クレンジングシャンプーの解析結果

「ノンシリコン」「オーガニック認証成分配合」シャンプーとして、19年ぶりに北欧より再上陸した商品です。
ベースは、ラウレス硫酸Na、塩化Naで増粘、両性界面活性剤のコカミドプロピルベタインで刺激緩和、粘度調整という、
何のために再上陸したのか理解に苦しむほど古くさく、安上がりで、ユーザーのための工夫も全く感じられないことに言葉を失います。

糖系の保湿成分、アミノ酸のアルギニンあたりで保湿作用を狙っていますが、焼け石に水程度のもの。
約20年ぶりに復活とはいえ、その間に化粧品業界では日進月歩の研究成果が反映されているにもかかわらず、
昔取った杵柄よろしく代わり映えのしない低級な内容で、いっそ封印されたままの方がよかったのではないか。

何故再上陸してきたかと言えば、
"現在の日本市場は「ノンシリコンシャンプー」や「オーガニック」など、ナチュラル志向が高まっていることもあり、19年ぶりの再上陸を決定。"とのこと。
ノンシリコンが「ナチュラル志向」の方の欲求を満たすのかは置いておいて、
ラウレス硫酸Naで洗うシャンプーに「オーガニック」を感じる方がどれだけいるのか。

肌に優しくもない、コンディショニング効果が高いわけでも、優れた保湿作用があるわけでもない。
旧指定成分山盛りの全く魅力なしの一品といえます。

ティモテ ピュア クレンジングシャンプーの宣伝文,商品説明:

厳しい基準を満たした天然由来の「オーガニック認証成分(オーガニック グリーンティーエキス:保湿成分)」配合。
ノンシリコーン、パラベン(防腐剤)・合成着色料無添加。
キメ細かく豊かな泡立ち、きしまずなめらかな指通り。
うるおいを守りながら、地肌まで汚れをしっかりと落としトリートメントが浸透しやすい髪に。
天然エッセンシャルオイル(レモンオイル、レモングラス、ユーカリオイル、ライムオイル)配合の香料。

ティモテ ピュア クレンジングシャンプーの全成分:

水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、塩化Na、チャ葉エキス、トレハロース、アルギニン、マルトデキストリン、ポリクオタニウム-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、PPG-7、イソプロパノール、クエン酸、水酸化Na、硝酸Mg、EDTA-2Na、安息香酸Na、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料