プレイバック 美容液 トリートメントの解析結果

総合順位

519

総合得点 5点満点

2.27
成分数エキス系特効ダメ
62610
  • プレイバック 美容液 トリートメントの詳細情報
  • ラブラボの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1214
  • [容量] 600ml
  • [参考価格] 1600円
  • [1mlあたり] 約 2.67円

プレイバック 美容液 トリートメント解析チャート

プレイバック 美容液 トリートメントの解説

名前の通りの作りです。美容液。



ウンカリアトメントサエキスは注目ですね。主に活性酸素で傷ついたDNAを修復する効果が認められている。保湿性あり。



セラミド各種配合され、本来人間が持つ肌バリヤの成分で、アレルギーや肌荒れを予防し潤い保持に関与する。

人工皮膚キトサン、保湿成分生成促進の卵殻膜、保湿のアミノ酸、ヒアロベールなど、



まるでスキンケア美容液さながらの処方で構成しているトリートメントです。





ただし、トリートメントとしての持続的効果という面ではやや劣る。

さらに、数々の美容液成分があっても、ベースがステアルトリモニウムブロミド(カチオン界面活性剤)があるために肌に塗るのはNGというオチがつく。

カチオン界面活性剤は柔軟性を与え静電気を抑制する効果などがありますが、タンパク変性作用による殺菌という役割もあり、これが肌には大きなデメリットとなります。

ちょっとした保湿性が強めなコンディショナー、そんなところという見方でいいでしょう。

プレイバック 美容液 トリートメントの全成分

1

2セテアリルアルコール

3ステアルトリモニウムブロミド

4級カチオン界面活性剤ですが、このタイプは少しだけ肌刺激が抑えめ。 髪のダメージ部に選択的に吸着して疎水性を改善します。

4ヒドロキシエチルセルロース

5ノバラ油

6フランスカイガンショウ樹皮エキス

7ウンカリアトメントサエキス

AC-11。キャッツクロー樹皮から得られるエキスです。DNA修復効果があるとされるカルボキシアルキルエステルを含有し、アンチエイジング効果が期待されます。

8ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

・ヒアルロン酸の280倍の吸着力を持つヒアロベール配合。
持続的な保湿感を付与しています。

9加水分解コラーゲン

10加水分解ケラチン

11加水分解コンキオリン

・加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。

12セラミド1

・水中でラメラ層を形成する安定型セラミドセットを配合。肌の肌理を整える効果を期待。髪の保護も。

13セラミド3

14セラミド6II

15ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

16PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

17ソルビトール

18セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

19グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

20グルタミン酸

21アラニン

22リシン

23アルギニン

24トレオニン

25プロリン

26カルボキシメチルキトサンサクシナミド

キトサン誘導体。人工皮膚にも使われる素材で、髪や肌に吸着しやすく保護・抗菌作用などを付与する。

27パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

28加水分解卵殻膜

鳥類の卵の内側にある薄い膜を加水分解し粉末状にしたものです。肌で3型コラーゲンの生成を促進し、シスチンを含む18種類あのアミノ酸を含有。肌にハリを持たせる効果を付与する。

29ローズマリーエキス

シソ科常緑樹ローズマリーの葉から得たエキスです。精油としてもおなじみですが、フラボノイド、タンニン、フラボノイド類などを含みます。抗菌作用・抗炎症作用・収れん作用を付与します。

30オタネニンジン根エキス

活性成分ジンセノサイドを含有するオタネニンジンの根から採れたエキス。代謝・血行促進作用を有する。

31センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

32ローズ水

33タウリン

34ムチン

35フィトスフィンゴシン

本来の皮膚正常細菌叢を阻害する微生物を減らす ・赤く炎症を起こした頭皮の鎮静化、修復

36コレステロール

羊毛脂由来の成分で、ラノリンに多く含まれる。保湿効果を付与。

37ラウロイル乳酸Na

38マルトデキストリン

39テトラヒドロキシシクロヘキサン酸アルキル(C1-8)カルボマー

40キサンタンガム

微成分により生成される多糖類です。親水性コロイドとして水系の製品の増粘剤として働きます。温度耐性、pH耐性が高い。

41ポリソルベート80

42トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

酸化に対して安定な多価アルコール脂肪酸エステルで、べたつかない軽い感触を与える。

43レシチン

天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

44パルミチン酸エチルヘキシル

油性感が少ないさっぱりした感触のエステルオイルです。

45水添パーム油脂肪酸グリセリズ

46DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

47ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

48イソステアリルグリセリル

49カラメル

50BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

51エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

52リン酸2Na

53リン酸Na

54ラウレス-2

55ラウレス-21

56イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

57EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

58フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

59メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

60エチルパラベン

61プロピルパラベン

62香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

髪の毛の「曲がり角」にあなたは気づいた事がありますか?年を重ねるごとに老化していくのは肌だけではなく髪の毛も同じです。10代の頃に比べて、ハリやコシ、艶のない髪の毛になっていませんか?思い通りの髪に近づける、大人のヘアケアシリーズ。ムチン・ローズオイル・タウリン・ヒアロベールなど、32種類の美髪成分を贅沢に配合!パサつき・広がり・うねり・ダメージなどの、あらゆる髪の悩みに対応した美容液トリートメントです。使うたびに髪のキューティクルとコルテックスを同時に補修し、なめらかで艶のある髪へ導きます♪トリートメントの前に プレイバック美容液シャンプー: でしっかり洗浄することをオススメします!

プレイバック 美容液 トリートメントの関連商品

プレイバック 美容液 トリートメントを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。