LUX(ラックス) 美容液スタイリング ニュアンスメイク 泡ワックスの解析結果

LUX(ラックス) 美容液スタイリング ニュアンスメイク 泡ワックス

総合順位

183

総合得点 5点満点

1.3
成分数エキス系特効ダメ
29013
  • LUX(ラックス) 美容液スタイリング ニュアンスメイク 泡ワックスの詳細情報
  • ユニリーバ・ジャパンの関連商品
  • [JANコード] 4902111736778
  • [商品ID] 7344
  • [容量] 130ml
  • [参考価格] 711円
  • [1mlあたり] 約 5.47円
LUX(ラックス) 美容液スタイリング ニュアンスメイク 泡ワックス解析チャート

LUX(ラックス) 美容液スタイリング ニュアンスメイク 泡ワックスの解説

ラウリル硫酸Na入ってるワックスって嫌じゃないですか?

たまにあるのですが、乳化剤としてラウリル硫酸ナトリウムが配合されている製品というのが存在します。

カラー剤やシャンプーではおなじみですが、このようなスタイリング剤に配合されているのは好ましくありませんね。どれでもそうですが。

ラウリル硫酸ナトリウムが使われている時点で推して知るべしといったところですが、内容的にそれなりの品質ということになっています。

石油が悪いわけではないが、石油系満載の処方

最初に確認しておきますが、石油由来の成分が必ずしも悪いことばかりというわけではありません。

むしろ安全性に関しては、石油由来の成分の多くが天然成分よりも安全、というパターンが多いです。

ただ、ナチュラルな美容、自然な仕上がりという観点から考えると大雑把だな、と思う素材も多く、特にこの手のスタイリング剤では価格重視の側面がより出てしまっている印象も。

しょっぱなのミネラルオイルからして光沢感を与える油膜を形成し、これはナチュラルなバージン毛のツヤとはだいぶ趣が違います。

これが絶対ダメ、というわけではありませんが、品質の高いワックスとの差は如実に現れる部分、と言い換えることもできるでしょう。

非常に細かな部分ですがBHTやTEA(トリエタノールアミン)をはじめ、添加剤の部分も安っぽさが滲み出ているため、全体を通して素材のコストの掛かってなさが目に見えてしまうわけです。

細部に宿る美を気にされるなら、選択肢に入れるべきではない

先のラウリル硫酸ナトリウムにしてもそうですが、全体を通して品質の高さからはかけ離れた素材で構成されているため、クオリティとして高いものを表現できるタイプの製品とは考えない方が良いでしょう。

この値段でニュアンスメイクをするワックス、というものを作った努力はリスペクトされるべきですが、こういった素材の1つ1つが目的にかなっているのか、よく考えて選ぶことをおすすめします。

肌へのやさしさを考える上でも、少しこの製品は安心感が薄めであると見るべきです。

最初の方のラノリンあたりからして人によってはアレルギーを誘発するタイプであったり、細かい添加剤1つ1つがいちいち微妙なリスク持ちだったり、ラウリル硫酸ナトリウムのとどめもありますからね。

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。
メチルパラベン
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。
アルガニアスピノサ核油
オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。
ステアリルアルコール
エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。
EDTA-2Na
分子量が小さく、浸透性が強い強洗浄剤です。金属表面処理剤、ダメージ毛の状態を再現するのにも使われる、いわば食器洗剤のように油分を徹底して脱脂するための洗浄剤です。そのため、肌や髪に必要な保湿因子や皮脂バリアを文字通り根こそぎ奪ってしまいます。
ラウリル硫酸Na
ジブチルヒドロキシトルエン。脂溶性フェノールであり、酸化防止剤として化粧品では使われる。変異原性、催奇性を疑われており、食品などでは使用を自粛している会社もある。
BHT
イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。
ホホバ種子油
地下資源(石油、石炭、天然ガスなど)由来の炭化水素化合物で、いわゆる鉱物油・流動パラフィンと呼ばれる種類です。ワセリンも同じ鉱物油です。肌へは全く浸透しないため、肌刺激はありません。また、分子間に隙間がほとんどない構造のため、強い光沢感を得ることもできます。また、クレンジングオイルの基剤に用いられることもあり、強い油性でメイクを馴染ませ落とすことも得意です。ヘアケアでは光沢の強い油膜コーティングを施す目的で配合されることがあります。
ミネラルオイル
加熱により毛髪ケラチンのアミド結合を形成します。この結合は疎水性相互作用より強力に髪へ吸着し、毛髪の疎水性の強化を促す。
メドウフォーム-δ-ラクトン

質の高さよりも安価な素材、という選択を迫られたような処方内容。



使用感はニュアンスを作れても、安全性までは配慮されていないようにみえる。

販売元による宣伝文

ユニリーバの「LUX(ラックス) 美容液スタイリング ニュアンスメイク 泡ワックス」は、べたつかない、固めない、しっとりニュアンスメイクできるワックス。ウェーブヘアにもストレートヘアにも。スタイリングしながら髪をケア。思い通りのスタイルを作ると同時に、髪に美しい輝きを。水辺に咲いたホワイトフローラルのような、みずみずしく魅惑的な香り。

LUX(ラックス) 美容液スタイリング ニュアンスメイク 泡ワックスの解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。