LUX(ラックス) スーパーリッチシャイン ダメージリペア リッチ補修クリームの解析結果

LUX(ラックス) スーパーリッチシャイン ダメージリペア リッチ補修クリーム

総合順位

322

総合得点 5点満点

1.78
成分数エキス系特効ダメ
30000
  • LUX(ラックス) スーパーリッチシャイン ダメージリペア リッチ補修クリームの詳細情報
  • ユニリーバ・ジャパンの関連商品
  • [JANコード] 4902111756219
  • [商品ID] 7359
  • [容量] 100ml
  • [参考価格] 896円
  • [1mlあたり] 約 8.96円
LUX(ラックス) スーパーリッチシャイン ダメージリペア リッチ補修クリーム解析チャート

LUX(ラックス) スーパーリッチシャイン ダメージリペア リッチ補修クリームの解説

こんなのを使っていてはだめ

リスクを全く無視したヘアクリームと言わざるを得ない

しっとり感がとても充実しているヘアクリームですが、安心して使えるかという点においては落第点です。

一般的なコンディショナーやトリートメントと同様に 4級カチオン界面活性剤をベースに据える構成となっているため、洗い流さないのであれば危険と言わざるを得ません。

4級カチオン界面活性剤を洗い流さずに塗ったままにすると、ラウリル硫酸ナトリウムを凌ぐほどのタンパク変性作用と、その吸着性の高さによってリスクが持続的にもたらされます。

しっとり感のレベルは高いが,そういう問題ではない

使用感だけを見るならば,ヒアロベールを始め,ホホバオイル,ヒアルロン酸,シアバター,アルガンオイルといった面々の充実した保湿効果を享受できます。これは確かに髪のボリュームを抑えたりするために役立つ要素となりますが、危険を冒してまで手に入れたいほどの価値があるようには見えません。

しっかりと洗い流すのであればリスクは低減できますが,それでは単なるコンディショナーを使うのと大して意味合いは変わりませんし、唯一のメリットであるしっとり感もあまり存在感を発揮できないでしょう。

どのように使うにしてもいまいちで、特にヘアクリームとして使った場合のリスクは無視できないレベルで危険です。

あっという間にしっとり感を伴う指通りの良さを手に入れられるのがメリットといえますが、4級カチオン界面活性剤の塗りぱなしは良くない、と覚えておいた方が得策かと思います。

この手の処方でクリームタイプのシャンプーというジャンルが一時期もてはやされてましたが、脱毛被害を全米に巻き起こして大問題になったWENのような前例を知っておくべきです。

カチオン界面活性剤にはダメージ部分をカバーするメリットの他に、そのような明確なデメリットを持っているということを肝に銘じ、おかしな使い方をしないように注意する必要があるでしょう。

そのような観点からこちらのラックススーパーリッチシャインダメージリペアリッチ補修クリームに関してはお勧めしないという結論に至ります。

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。
ベヘントリモニウムクロリド
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。
アルガニアスピノサ核油
シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。
シア脂
オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。
ステアリルアルコール
コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。
セタノール
ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。
ジメチコン
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。
EDTA-2Na
加水分解ヒアルロン酸
イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。
ホホバ種子油
真菌に対し特に効果の高い防腐剤
ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル

都合の良い部分だけを見て、リスクを度外視するという製品作りはいかがなものか。

販売元による宣伝文

●プレミアムゴールドヒアルロン酸オイル*1(保湿成分)配合 *1ホホバ種子油、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、加水分解ヒアルロン酸●ドライヤー前の髪にも、乾いた状態の髪にも使える●髪は傷むとゴワつき広がることに着目独自処方でなめらかにまとまる髪へ●シアバター・アルガンオイル(補修成分)配合●ラックス スーパーリッチシャイン ダメージリ

LUX(ラックス) スーパーリッチシャイン ダメージリペア リッチ補修クリームの解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。