アミノマスター シャイニースムースシャンプーの解析結果

ランク:1085位 ポイント:2.16 1mlあたり:5.4円
  • アミノマスター シャイニースムースシャンプーの詳細情報
  • ときわ商会の関連商品はこちら
  • [JANコード] 4944134029567
  • [ランキング] 1085位
  • [ポイント(5点中)] 2.16点
  • [ジャンル] S
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 2700円
  • [1mlあたり] 約 5.4円
  • [商品ID] 7147
  • [成分数]65
  • [洗浄剤数]7
  • [エキス類]6
  • [特に優れた成分]1
  • [要注意成分]0
アミノマスター シャイニースムースシャンプー解析チャート

アミノマスター シャイニースムースシャンプーの解説

感触至上主義系シャンプー

ああ、これはちょっとやり過ぎたな

という感想がまず第一。というのも、全体としてはアミノ酸系洗浄剤を中心に一見するとマイルドなシャンプーのように思えます。が、ジココジモニウムクロリドという4級カチオン界面活性剤をかなりガツンと配合している点がまず恐ろしいです。

4級カチオン界面活性剤は程度の差こそあれ基本的に肌にタンパク変性作用を強く作用させるデメリットがあります。髪にだけつけるトリートメントであればデメリットの部分は薄らぎますが、このようなシャンプーへの配合は非常にリスキーと言えるでしょう。

基本構造のラウロイルメチルアラニンTEAと、ジヒドロキシプロピルアルギニンHCIの添加からもわかるように、かなりコンディショニング効果に重点を置いたシャンプーというのが分かりますが、4級カチオン界面活性剤の高配合はあまりにも悪手のように思えます。そのタンパク変性作用はラウリル硫酸ナトリウムのような洗浄剤のそれを大きく凌ぐのですから。肌の残存性も石鹸やラウリル硫酸ナトリウムの比ではありません。

髪の滑りや肌の保湿効果は極めて高いが

アミノ酸系洗浄剤をベースに、泡立ちの補助や補修成分、抗酸化成分、アミノ酸、ツヤ系の補修成分、潤滑性補助成分など、とにかく感触を改良することに関しては異常なまでにこだわりを見せるシャンプーです。

間違いなく十二分に髪のまとまりや滑りについてはユーザーを満足させることができるでしょう。

ただ、その滑り感が副作用を持つ成分を由来として成り立っている、というのはいただけません。

添加されているというレベルではなく、レースの一角を構成しているというレベルのカチオン界面活性剤の配合になりますので、明確にリスクであると捉えていいでしょう。

また、カチオンとアニオンのコンプレックスによる髪への皮膜作用も極めて除去しづらいタイプの蓄積性のあるものとなり、使うたびに髪のコンディションは悪化していくような側面があると行ってもいいでしょう。

ジヒドロキシプロピルアルギニンHCIのような大変有意義な潤滑保湿成分を含んでいながら、肌の毒性の高い4級カチオン界面活性剤に頼らざるを得なかった理由とは一体何なんでしょうか。

限界を突破したような潤滑性を持たせたかったのか、真相はわかりませんがシャンプーに持たせる役割としてはやや過積載とも思える容量オーバー系シャンプーと呼ぶにふさわしいでしょう。

肌の弱い人にはNG



しっとりを超えている。べったり?

保湿・吸湿性を持つ滑らかな感触を残す特徴。ビタミン・ミネラル・アミノ酸・抗菌成分など180種類以上の成分を含む美容効果にうれしい成分でもあります。
ハチミツ
ヒアルロン酸は肌の潤いを保つために真皮層に存在する物質ですが、化粧品として使うと肌表面で水分が蒸発するのを防ぐような働きを期待されます。肌には分子量が大きすぎるため浸透しません。
ヒアルロン酸Na
別名ポリオキシエチレンセトステアリルヒドロキシミリスチレンエーテル。ゲル化・増粘作用を製品に与え、泡立ちを増したり、粘度を高めたりする素材です。
セテアレス-60ミリスチルグリコール
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
マメ科の植物甘草の根から抽出したエキス。グリチルリチン酸を豊富に含み、細胞レベルでの抗炎症作用や美白作用を期待されます。
カンゾウ根エキス
アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。
ココイルグルタミン酸TEA
バラ科吾亦紅のエキスです。タンニン、サポニンを含み、血行促進、抗菌作用などを呈します。
ワレモコウエキス
・ローヤルゼリーエキスは免疫増強作用、 抗菌作用、 保湿作用、 皮脂分泌調節作用を示します。
ローヤルゼリーエキス
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。
イソプロパノール
コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。
コカミドDEA
アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。
ラウロイルメチルアラニンNa
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。
ポリクオタニウム-10
加水分解ケラチン
アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。
ココイルグルタミン酸2Na
ハチミツエキス
シソ科コガネバナの根より抽出したエキスです。抗炎症・抗アレルギー作用をはじめ抗酸化作用・美白作用・収斂作用などを付与。育毛系の製品でもよく利用されるように、男性ホルモンを抑制する効果があります。
オウゴン根エキス
ケラチン

販売元による宣伝文

絶妙な保湿バランスの取れたさらツヤ髪シャンプー。