解析結果

ラックス スーパーリッチシャイン モイスチャー コンディショナー

広告を含みます。

総合点

1.26

総合ランク

2550個中 2378

成分数

34

植物エキスの数

1

コスパ

0

安全性

0

素材の品質

0

髪補修力

0

育毛力

0

使用感の良さ

0

エイジングケア

0

ホワイトニング効果

0

保湿効果

0

スキンケア力

<0

環境配慮

0

浸透力

0

即効性

0

持続性

0

ツヤ感

0

サラサラ感

0

特に優れた素材

0

注意が必要な素材

0
ラックス スーパーリッチシャイン モイスチャー コンディショナー解析チャート
販売元による宣伝文
●30年間の研究を経て進化したラックス。毎日のケアで内側からツヤめく輝き髪へ
●プレミアムゴールドヒアルロン酸オイル(※1 保湿成分)※1・・・ホホバ種子油、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、加水分解ヒアルロン酸
●ペタんこ髪もうるおいで内側まで濃密に満たす軽やかなうるふわ髪へ
●ウォータリーエキス(※2 保湿成分)配合※2・・・ココナッツウォーター、アロエエキス
●朝摘み果実とウォーターブロッサムを感じさせる香り
●ラックス スーパーリッチシャイン モイスチャー シリーズでお使いいただくとより一層効果的です。

関連商品
ラックス スーパーリッチシャイン モイスチャー コンディショナー解析チャート
広告を含みます。

ラックス スーパーリッチシャイン モイスチャー コンディショナーの解説

多少エモリエント感あるのはタピオカのせい?

タピオカがどうという問題ではなく。。

オーソドックスなコンディショナーですが、感触が多少しっとりしていることが特徴と言えるでしょう。

基本部分は非常にシンプルで、シリコンやカチオン界面活性剤、アミノ酸などが並ぶごくありふれたコンディショナーそのままといった様子。

唯一存在感を発揮しているのがタピオカデンプン笑。

タピオカといってもタピオカの原料の粉にすぎないので、ヒアルロン酸と同じく表面に一時的にしっとり感を乗せるといった軽作業担当と見て良さそうです。

どちらかといえば、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム(ヒアロベール)の方がヒアルロン酸の280倍の吸着力を持つなど良い仕事をしそうですね。

実際に、このコンディショナーのモイスチャーたる所以はこの日はロベールの仕事ぶりにかかっていると言っても過言ではなさそうです。

280倍の吸着力、と言うとものすごいパワーを持っていそうな響きがありますが、そもそもヒアルロン酸の吸着力がなさすぎという話も。

このほかアロエやヤシ水など、しっとり感に関わるような素材がポツポツと配合されています。

全体を通して確かにモイスチャー感の漂う造りになっていますが、例えばアモジメチコンのような非常に蓄積しやすい素材もあったり、使えば使うほど髪が重たくなるような弱点があるとも言えます。

保湿性や補修の均一性がなく、蓄積性があり、コンディショナーとしてのクオリティはお世辞にもあまり高くないというのが本音です。

一番最初に一度使った時は印象が良さそうですが、繰り返しの再現性に難ありといったところでしょう。

タピオカのイメージのように髪がうるうる、とはいかないのが残念。

ユニリーバ ラックス スーパーリッチシャイン モイスチャー コンディショナーをAmazonアマゾンで購入

楽天rakutenで購入