アミノメイソン モイスト ホイップ クリームシャンプー

総合順位

1166

総合得点 5点満点

2.01
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
683540
  • アミノメイソン モイスト ホイップ クリームシャンプーの詳細情報
  • ステラシードの関連商品
  • [JANコード] 4589919561506
  • [商品ID] 6342
  • [容量] 450ml
  • [参考価格] 1512円
  • [1mlあたり] 約 3.36円
アミノメイソン モイスト ホイップ クリームシャンプー解析チャート

アミノメイソン モイスト ホイップ クリームシャンプーの解説

良さそうに見えて、リピートされなそうなシャンプー。

アミノ酸系界面活性剤をベースにして、様々な果実エキス、アミノ酸、スキンケア成分、コンディショニング成分などを織り交ぜた中身。
コンディショニング効果を重視した構成で、第一印象は決して悪くないシャンプーと言えるでしょう。

ただし、全体的な印象を簡単に表現すると、
軽自動車に荷物を詰め込みすぎて、なんだか重苦しそうに走ってる・・みたいな印象。

悪くないがそこまで万能とは言えないアミノ酸系界面活性剤をベースにしていますので、
それ以降の非常に多岐にわたる脇役成分の配合が、少し重みになっているような印象。

泡の質も全体的に良い部類とは言えず、せっかくのアミノ酸系洗浄剤を使っていながら、ベヘントリモニウムクロリド(陽イオン界面活性剤)を配合するなど、皮膚に負担をかけて手触りの良さをアップさせようという部分も見られるので、
肌の弱い人にも無条件にお勧めとは言えない内容なのです。

使った感じは非常にエモリエント感の強いしっとりした感触となりますが、
一時的で表面的な感触のためだけの成分の影響によるものがほとんどで、
肌を持続的にかつ深く保湿作用を与えるような本格的なスキンケア効果があるわけではありません。

無駄に脱脂しない点は評価できますが、、かえってベタッとした仕上がりが嫌、という場合もありそう。。

髪の補修効果も、それらしい補修成分は微量配合されていますが、ビフォーアフターで目が覚めるような違いを見せることではありません。
本気で髪を補修してやろう、という気概はない、ということですね。

その他にも、収斂作用、抗酸化作用、保湿作用美白作用などの効果を謳う成分が散見されますが、
バラエティーが多すぎて一つ一つの有効性がむしろ低くなってしまっている印象が否めません。
やや厳しい評価に聞こえるかもしれませんが、
見た目の割に意外とクオリティーがそうでもないシャンプーの典型的なパターンなので、その点も覚えておくと良いでしょう。

オーガニックアピールのシャンプー



単に成分のクオリティ、メリット・デメリットで見るとどう評価されるか?

販売元による宣伝文

植物由来のアミノ酸系洗浄成分にペタイン系洗浄成分をブレンドし、よりクリーミィで弾力のある泡質を実現。頭皮の汚れや皮脂などもキメの細かい泡で奥まで入り込んで落とし、優しい泡で地肌からスッキリ。きしみもなく、シャンプー時の摩擦から髪を守りダメージを防ぎます。
アミノメイソン モイスト ホイップ クリームシャンプーの解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。